秋アニメ「信長の忍び」の11話を見てみた感想。千鳥の「なんじゃこりゃぁああ!!・・・」な回

11-5

『信長の忍び』の11話目の感想です。

 

▼11話の登場キャラクター(役名ありのみ)

千鳥(cv.水瀬いのり)、助蔵(cv.村瀬歩)、織田信長(cv.羽多野渉)、ナレーター(cv.山口勝平)、帰蝶(cv.たかはし智秋)、竹中半兵衛(cv.平川大輔)、斎藤龍興(cv.うえだゆうじ)、稲葉一鉄(cv.森嶋秀太)、氏家直元(cv.高橋伸也)、安藤守就(cv.落合福嗣

 

▼原作者放送直前のツイート

重要なツイート・・・。最新刊にDVDつけるのもいいけど、これから買い始めようと考えている人に対して1巻にDVD付けたバージョンを販売するともっと販売数が伸びると思う。

 

 

▼第11話の流れ

11-1
斎藤龍興に対して不満がたまる美濃三人衆

11-2
竹中半兵衛を暗殺するため美濃にいくも迷子になる千鳥。

11-3
不運にも?美濃三人衆に忍びとばれる千鳥。 そして頑固一徹の「一徹」は稲葉一鉄の「一鉄」から来ているという。

11-4
美濃三人衆から辛うじて?逃げ出すことに成功

11-5
しかし、脇腹に深手を負っていた・・・。「なんじゃこりゃぁああ・・・」

11-6
倒れたところを竹中半兵衛に見つかる千鳥。千鳥はどうなるのか・・・

 

 

▼まとめ

今回は何と言っても千鳥の「なんじゃこりゃぁああ!!・・・」という叫び声が最高。
なんとも言えない最高の演技でした。ここだけ何度も繰り返して見てしまう・・・。

 

▼外部リンク

TVアニメ 信長の忍び公式ウェブサイト

 

秋アニメ「信長の忍び」の10話を見てみた感想。千鳥ちゃんの出番が少ない回

 

 

11-5

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。