秋アニメ「信長の忍び」の2話を見てみた感想。信長陣営のキャラクター紹介回、お市が何とも可愛らしい

1話に続き、『信長の忍び』の2話目の感想です。
原作は未読なので、アニメを単純にアニメをみた感想になります(‘ω’)ノ

▼2話の登場キャラクター(声ありのみ)

千鳥(cv.水瀬いのり)、助蔵(cv.村瀬歩)、織田信長(cv.羽多野渉)、木下秀吉(cv.山口勝平)、森可成(cv.関智一)、お市(cv.三森すずこ)、帰蝶(cv.たかはし智秋)

 

▼原作者ツイート

ほんとに、この一言。短いのにとってもクオリティーたかくて出来が素晴らしい(‘ω’)

 

▼第2話を見た感想

森 秀吉 お市 帰蝶

今回は鉄砲の重要性や秀吉のエピソードをぶっこみつつ、秀吉、森可成、お市、帰蝶のキャラ紹介といった内容でした。

そんな中でテンポよくお話しを盛り込んでいて相変わらず見せ方が上手い。なんというか一切の無駄がない感じ。短いアニメなので伸ばしみたいな演出が一切なくポンポンポンと流れるようなテンポに、だんだんと爽快感というのか、気持ちよさを感じてきました。あとお市ちゃんが可愛い(‘ω’)

 

▼まとめ

歴史ものでコミカルなアニメがこんなに面白いとは思わなかった。

次回3

次回も楽しみ(‘ω’)ノ

 

▼外部リンク

TVアニメ 信長の忍び公式ウェブサイト

白泉社e-net(10/13(木)まで「信長の忍び」が一巻無料)

 

秋アニメ「信長の忍び」の1話を見てみた感想。キャラクター全員が魅力的。何といっても千鳥ちゃんが可愛い

二話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。