秋アニメ「信長の忍び」の23話『信長!!うしろ!!うしろ!!』を見た感想。 遠藤直経が怖い顔してるけど何か憎めない感じが好き

23-4


 

▼23話の登場キャラクター(役名ありのみ)

千鳥(cv.水瀬いのり)、織田信長(cv.羽多野渉)、助蔵(cv.村瀬歩)、お市(cv.三森すずこ)、浅井長政(cv.内匠靖明)、朝倉義景(cv.岸尾だいすけ)、遠藤直経(cv.梁田清之)、浅井久政(cv.松山鷹志

 

▼原作者放送時間前後のツイート

 

▼第23話の流れ

23-1

信長を騙し討しようとする遠藤直経に対し、反対する浅井長政。

 

23-2

遠藤直経は長政の父である浅井久政に相談するも、なにやらつかえなさそうな感じ。

 

23-3

浅井長政の城にて久しぶりの再開を果たす信長とお市。

 

23-4

ひとり信長を討とうと画策していた遠藤直経であったが、信長の大志を知り、信長への考えを改める。

~遠藤直経~

戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。浅井長政の家臣で、知勇兼備の謀将として知られる。早くから織田信長の底知れぬ才能を見抜き、永禄11年(1568年)、まだ浅井家と織田家が同盟関係にあった時、近江佐和山城を訪れた信長の接待役を命じられていた直経は、信長暗殺計画を長政に進言した。しかし、長政(または久政)は毒殺は信義に反するとしてそれを受け入れず、直経も主君の命に背くわけにはいかずに、結局暗殺計画は未遂に終わった。その後、朝倉家と織田家の関係のあっかにより浅井家は朝倉との旧縁か織田との婚姻関係を重視するかで悩んでいた際、直常は織田側につくべきと主張するも受け入れられず、浅井は朝倉側につくことになる。姉川の戦いにおいては信長の暗殺を試みるも惜しくも信長まであと数十メートルというところで捉えられ斬首された。 wikiより

 

23-5

信長は六角氏に使者をおくるも服従も協力も拒んだため、信長は六角氏を攻めることに。しかし六角には危険な甲賀忍者がいるとのことだった・・・。

 

ひとこと

明智光秀に負けず劣らず、遠藤直経も苦労人のようす・・・。

 

▼外部リンク

TVアニメ 信長の忍び公式ウェブサイト

秋アニメ「信長の忍び」の21話『ツッコミ師 参入』を見た感想。早くも苦労人の姿が見て取れる回


 

信長の忍び(12) TVアニメDVDつき初回限定版: ヤングアニマルコミックス
重野なおき
白泉社 (2017-08-29)
売り上げランキング: 334
23-4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。