【2017/9/27】マインドフルネス(瞑想)の効果を実践検証【1日目】

瞑想

どうも、ケアトーカー ひでつぐです。

 

これまでに、ケアトークをしてきたケアレシーバー(クライアント)に対し、

マインドフルネスをお勧めした事が何回かありました。

お勧めした理由はいくつかあるのですが、

その1つの理由としてはマインドフルネス関連の本を読み、

マインドフルネスをする事によって得られる効果がケアレシーバーに合うと思った時は

気軽な気持ちで「やってみては如何ですか?」と言った感じで進めていました。

 

しかし、よくよく考えてみたら自分はマインドフルネスをしていません。

そうであるにも関わらず、ケアレシーバーにお勧めするのは如何なものか、

これは自分で実践して確かめねばならないと思いました。

 

という事で、本日から毎日マインドフルネスを実践し、

思った事、気づいた事、得られた効果をblogに残したいと思います。

 

そして、マインドフルネスをやってみようと思われるかたの参考になれば幸いです。

 


 

マイスタイルの紹介

◇座り方

半跏趺坐(はんかふざ)

結跏趺坐(けっかふざ)の略式の坐法。片足を他の片足のももの上に組んで座ること。菩薩坐(ぼさつざ)。半跏。半跏坐。 出典:大辞泉

ちなみに、座禅専用の座布団というものがあり、自分はそれを使う事にしました。

 

 

◇手の形

法界定印(ほっかいじょういん)

手のひらを天井に向け、右手の手のひらに左手の手のひらを乗せ、右手と左手の親指を付けた形。この時、親指と親指は触れるぐらいにし、親指を反らさないようにします。

 

◇方法

呼吸を意識する。

特に難しい事は考えず、とにかく呼吸を意識するようにします。

 

 

設定時間

10分

継続性を考えて10日間ぐらいは10分と設定しました。

今後、慣れ具合によって時間を延ばしていきたいと思います。

 

 

気付いた事

10分のアラームを設定しスタート。

開始直後はとにかく呼吸を意識する事に集中しました。

ですが、書籍などにも書かれている通り雑念がふつふつと湧いてきました。

今回の場合、blogにマインドフルネスの記事をどのように書こうかと悩んでいた事もあり

それ関連の事が頭をよぎりました。

 

再度意識を呼吸に集中させると今度はアナログ時計の音が気になるように。

次に、今話題となっている「けものフレンズ」の事が浮かんできました。

たつき監督の続投を・・・と思いながら再び呼吸に意識を集中させたのですが、

それ以降の事は曖昧になりよく思い出すことができませんでした。

 

 

思った事

初回という事で10分間の設定にして挑戦してみたわけですが、

思ったよりも短く感じました。

また、マインドフルネス終了後に覚えていた事が時間が経つにつれ夢でも見たように記憶が無くなっていたので今後は内容を直ぐにメモしておこうと思いました。

 

 

実感できた効果

まだよくわからず。