【2017/10/8】マインドフルネス(瞑想)の効果を実践検証【12日目】

瞑想11

どうも、心のケアトーカー ひでつぐです。

マインドフルネスを開始して12日目となります。

 

 

今日は夕方ごろに行ったのですが、

更新する時間がちょっと遅くなってしまいました。

 

 


 

マイスタイルの紹介

◇座り方

半跏趺坐(はんかふざ)

結跏趺坐(けっかふざ)の略式の坐法。片足を他の片足のももの上に組んで座ること。菩薩坐(ぼさつざ)。半跏。半跏坐。 出典:大辞泉

下記の座布団を使用しています。

 

◇手の形

法界定印(ほっかいじょういん)

手のひらを天井に向け、右手の手のひらに左手の手のひらを乗せ、右手と左手の親指を付けた形。この時、親指と親指は触れるぐらいにし、親指を反らさないようにします。

 

◇方法

呼吸を意識する。

特に難しい事は考えず、とにかく呼吸を意識するようにします。

 

◇目について

目を閉じて行いました。

 

◇場所(及び環境)

室内

雑音無し。

 

◇自身の体調(今回から追加)

今日の体調は「やや不調」。

やや不調が続いております。

 

◇設定時間

20分

 

 

気付いた事(気付きを得た事)

瞑想中、身体が暑くなりました。

 

 

思った事

 

昨日は25分で長く感じたので今回は20分に設定してみました。

自分の中では20分が合うだろうと思っていたのですが今回はちょっと長めに感じました。

そして今回の瞑想で思った事ですが、瞑想の体感時間は、体調や精神的状況、集中力など様々な要因で日々違うのではないかということです。

よく考えればわかる事なのですが、実体験としてもやはりそのように感じます。

とくに一番重要なのは集中力、次点は体調といったところでしょうか。

これらについても検証していきたいと思います。

 

 

読んでいる本

自由への旅: 「マインドフルネス瞑想」実践講義
ウ・ジョーティカ
新潮社
売り上げランキング: 51,085

という本のweb版があるとの事なので調べて見たところ、pdfのデータがありましたので、まずはそちらから読み始めました。リンクは下記に。

ミャンマー仏教書ライブラリー ~英緬仏教書の翻訳・公開~』の中の

ウ・ジョーティカ『自由への旅』』にpdfがあります。

 

 

今までに実感できた効果

・パァーっとした頭のすっきり感。

・頭のノイズが消えクリアになったような感じ。

・瞑想中、身体が熱くなる。(初)

 

 

 

ひとこと

みんなでやろうマインドフルネス(‘ω’)ノ

 

瞑想11

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。