【2017/11/1】マインドフルネス(瞑想)の効果を実践検証【36日目】

どうも、心のケアトーカー ひでつぐです。

マインドフルネス(瞑想)を開始して36日目となります。

 


 

マイスタイル
座り方 半跏趺坐(はんかふざ)
手の形 法界定印(ほっかいじょういん)
場所 室内
環境 雑音無し
体調 やや良い
設定時間 32分

 

 

気付いたこと

瞑想後はより冷静になっている。

 

 

思った事

 

瞑想中、寝ている状態と起きている状態の間の状態になることがあります。

と言ってもその状態を長く維持できるわけではなく、それに気づくと覚醒するし

気づかないとボーっとしているわけですが、この感覚をもっと習得すると、

もっと奥深い瞑想体験ができるのだと思う。

 

 

読んでいる本(読み切ってません)

自由への旅: 「マインドフルネス瞑想」実践講義
ウ・ジョーティカ
新潮社
売り上げランキング: 51,085

という本のweb版があるとの事なので調べて見たところ、pdfのデータがありましたので、まずはそちらから読み始めました。リンクは下記に。

ミャンマー仏教書ライブラリー ~英緬仏教書の翻訳・公開~』の中の

ウ・ジョーティカ『自由への旅』』にpdfがあります。

中々読めない・・・。今は訳あって中々読む時間がとれないです・・・。

 

 

今までに実感できた効果

・パァーっとした頭のすっきり感。

・頭のノイズが消えクリアになったような感じ。

・瞑想中、身体が熱くなる。

・眠くなる。

・色々な事を思い出し、やらなければいけない事などに気づける。

・自分のやる事が整理され、今やるべきことが分かる。

・何気ない時、意識を呼吸に合わせる事で他に意識をぶれなくすることができる。

・セットしたタイマーに驚かなくなってきた。

・ネガティブな思考に対処ができるようになる。

・お腹が減る。

・瞑想する事が楽しくなってくる(NEW

 

 

ひとこと

忙しくても、数分、余裕があれば数十分しっかりと続けていきたいと思います(‘ω’)ノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。