日本人口が減少傾向へ。1920年からの調査開始以来初の結果となり5年で96万人が減少した事が明らかに

ファミリー

朝日新聞によると

総務省は26日、2015年国勢調査の確定結果を発表した。15年10月1日現在で、外国人を加えた総人口は1億2709万4745人。前回10年調査から96万2607人(0・8%)減り、1920年の調査開始以来初めて減少に転じた。

国内に住む日本人の人口は1億2428万3901人で、5年前より107万4953人(0・9%)減った。10年調査に続いて2回連続の減少となり、日本が本格的な人口減少時代に入ったことが鮮明になった

総人口に占める15歳未満の人口は1588万7千人(12・6%)、65歳以上は3346万5千人(26・6%)。総人口に占める15歳未満の割合が過去最低となった一方、65歳以上は過去最高を記録した。

都道府県別で人口が最も多かったのは東京都の1351万5千人。東京に神奈川、埼玉、千葉の各県を加えた東京圏の人口は5年前から51万2千人増えて3613万1千人となり、全国の人口の28・4%を占めた。一方、最少は鳥取県の57万3千人だった。

総務省国勢調査:人口統計(平成28年10月報)

 

▼ニュースキーワード『人口統計』

人口静態および人口動態に関する統計。人口静態統計は,特定の瞬間における人口静態に関する調査から,人口動態統計は一定期間の動態要因に関する調査から得られる。日本における静態統計の代表的なものは国勢調査であり,動態統計はおもに戸籍法などによる届出に基づく。 出典:百科事典マイペディア

 

▼ひとこと

65歳以上が過去最高を記録。さすが長寿大国ニッポン。しかしながら15歳未満の人口が65歳以上の半分以下とは恐ろしい・・・(‘ω’)

ちなみに今の日本の社会は

『超高齢社会』

といわれています。

「高齢化社会」とは

総人口に占める老年人口の比率が高まりつつある社会。日本では65歳以上の人口比率が7パーセントに達した昭和45年(1970)から始まったとされる。 出典:大辞泉

「高齢社会」とは

総人口に占める高齢者の割合が高い社会。一般には、65歳以上の人口の比率が14パーセントを超えた社会をいう。 出典:大辞泉

「超高齢社会」とは

総人口に占める高齢者の割合が高齢社会よりも高くなった状態をいう。明確な定義はないが、65歳以上の人口の比率が20ないし21パーセントに達したときにいう。 出典:大辞泉

 

ファミリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。