滅多に見られない非公開文化財の国宝や重文がズラリ。京都21の神社仏閣で非公開文化財の公開はじまる。

阿弥陀

朝日新聞によると・・・

京都の社寺など21カ所が参加する秋の「京都非公開文化財特別公開」(京都古文化保存協会など主催、朝日新聞社特別協力)が28日、始まった。京都府八幡市の正法寺(しょうぼうじ)では、像高2・8メートル、13体の化仏(けぶつ)を配した光背も含めた大きさが4・8メートルになる阿弥陀如来坐像(ざぞう、国重要文化財)が公開され、訪れた人たちがその巨大さに息をのんでいた。

とのこと。

ということで、

京都非公開文化財特別公開』が始まったとのことです。

概要

【公開期間及び受付時間】
平成28年10月28日(金)~11月7日(月) 午前9時~午後4時(拝観受付)

 

▼特別公開に参加している21の神社仏閣他

①上賀茂神社:権殿(国宝)

②妙蓮寺:長谷川等伯一派筆[鉾杉図](重文)

③清浄華院:絹本著色阿弥陀三尊像

④廬山寺:普賢十羅刹女像

⑤冷泉家:冷泉家住宅(重文)

⑥賀茂御祖神社:本殿外観(国宝)

⑦法然院:狩野孝信筆襖絵

⑧瑞泉寺:秀次公縁起

⑨誓願寺:誓願寺縁起(重文)

⑩宝蔵寺:伊藤若冲筆[髑髏図]

⑪安養寺:截金阿弥陀如来図

⑫京都ハリストス正教会:イコノスタス

⑬知恩院 三門:三門二層内部(国宝)⑭妙法院:御本尊 普賢菩薩騎象像

⑮平等寺:御本尊 薬師如来立像(重文)

⑯東寺:灌頂院(重文)

⑰東寺五重塔:5重塔初層内陣

⑱石清水八幡宮:御社殿(国宝)

⑲神應寺:狩野山雪筆瀑布図

⑳正法寺:大方丈 上段の間(重文)

㉑八幡市立松花堂庭園・美術館:草庵[松花堂]

 

秋期京都非公開文化財特別公開パンフレット

▼パンフレット

特別公開 特別公開2

秋期京都非公開文化財特別公開パンフレット:PDF

 

▼外部リンク

京都小文化保存協会

 

Powered by amaprop.net

 

▼ひとこと

正法寺をパンフレットみると「上段の間」って書いてあるのに

像高2・8メートル、13体の化仏(けぶつ)を配した光背も含めた大きさが4・8メートルになる阿弥陀如来坐像(ざぞう、国重要文化財)

こんな立派な阿弥陀様がいるなんて・・・。なんて素晴らしいんだ。というか行きたい行きたくてウズウズする。でもいけない・・・。悲しい

阿弥陀

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。