佐賀県唐津市の宝当神社に実際にお宝を招き寄せるネコ「福ちゃん」がいると話題に

praycat01
写真は産経新聞より

産経新聞によると

 佐賀県唐津市の沖合約3キロに位置する高島に、何とも景気の良い名前の神社がある。その名も「宝当神社」…「宝」が「当たる」という事で宝くじファンに知られるパワースポットには、年間20万人が参拝に訪れる。そしてその島に、当選確率をさらに高めてくれる?猫たちがいる。

高島に上陸後、宝当神社への参道を進むとすぐ、数匹の猫が行儀良く並ぶ商店に足を止めずにはいられないだろう。
「はーい!この子が福ちゃん。お祈りしますよー」元気な声で「当選祈願グッズ」をPRするのは「宝当大黒屋 野崎酒店」の野崎一貴江さん(68)だ。
「おかげさまで大人気です。宝くじの発売日には店先に大勢の人だかりができますよ」
 12歳のメス猫「福ちゃん」が人気を集め始めたのは10年ほど前。店頭にいた福ちゃんを撫でて宝くじの高額当選を果たしたという人が現われてから。
それ以降テレビや雑誌、SNSなどで噂が広まり、宝くじファンのみならず猫好きの来訪者も増え続けているという。

とのこと

 

praycat02 praycat03

お願いポーズをしている「福ちゃん(雌12歳

記事によると福ちゃんはこれまでに何匹も子猫を生んでいるが、そのたびに引き取り手が殺到するとの事。そしてその引き取り手のなかから宝くじの高額当選者がでているというのだからなんともご利益の猫さんであり、真に招き猫なのだということがわかる。

福ちゃんは現在12歳(2017年現在)ということで、人間の年齢に換算すると64歳。これからも健康で末永く宝くじの高額当選を招き寄せるため祈り続けて欲しいところ。

 

神社について

宝当wikiより

神社名 宝当神社
主祭神 野崎隠岐守綱吉命(のざきおきのかみつなよしのみこと)
簡略御由緒 祭神の『野崎隠岐守綱吉命』こと綱吉さんは元々は信州の国の生まれ。生まれつき才能があり、礼儀正しく勇気と力も兼ね備えていたとのこと。そんな綱吉さんは豊後の国の大友義鎮(おおともよししげ)の仕えていたが、何だかんだあって居場所がなくなるように仕向けられ、佐賀の高島にたどり着く。

綱吉がたどり着いた高島は筑前国吉井の海賊に恐れおののいていた。ある時、高島の人々がこの海賊集団に襲われた際、そのばに駆け付けた綱吉は海賊相手に大立ち回りをし30人以上いたという海賊たちをなぎ倒し、そのご海賊は高島を襲う事はなかったという。

その後、綱吉さんが病になり高島で亡くなると、島の島民が大権現として祠を建立した。

電話番号 0955-74-3715
住所 佐賀県唐津市高島523
HP http://houtoujinja.jp

 

ひとこと

神社好きとしては、神社目当てにも行きたいし、カワイイ猫にも会いたい。
なんと素晴らしい神社だろうか・・・。


 

困難克服!逆立ち招き猫 三毛
九谷焼
売り上げランキング: 100,679

praycat01

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。