【11/22】カレー好き必見、カレーやスパイス料理好きが集まる婚活が銀座にて開催!

curry

11月22日、日本の国民食である「カレー」テーマにした婚活イベントが行われるようです。

カレー

日本人の好きな主食は農林水産省がだしている『日本人の味覚と嗜好』によると下記のようになっているようです。(味の素「嗜好調査」2000、朝倉寛「味覚と嗜好」ドメス出版2006年より一部改変)

1位 ご飯(白米)
2位 にぎりずし
3位 炊き込みご飯(混ぜご飯、かやくごはん)
4位 ラーメン
5位 おにぎり(おむすび)
6位 ちらし寿司(五目寿司、混ぜ寿司)
7位 カレーライス
8位 うどん
9位 そば
10位 チャーハン

このランキングの7位に位置づけているのが子どもに大人気、嫌いな人はほとんどいない(たまにいる)国民食のカレー。そんなカレーをテーマに行われるのが耳新しいカレー婚活というイベント。

▼カレー婚活プレスリリースを抜粋

日本人なら誰もが食べたことがあり、どの家庭でも必ずと言って良いほど食卓にあがる「カレー」は、「ラーメン」と並ぶほど人々を魅了しており、もはや「国民食」と言える食べ物です。

 ~略~

もはや「インド」生まれながら、日本のカレーは「食の国境」を大きく越えてきております。そんな日本人に馴染みが深い「カレー」は外食だけではなく、中食、いわゆる「家庭の味」としても親しまれており、カレーは「“家”を象徴する食べ物」と言っても過言ではありません。

カレーにはそれぞれの家庭の味付けがあります。

その家で育った子供が成長し、大人になって結婚をした際にはまた夫婦で一つのカレーを作り上げます。その際、一緒に食べるからには「カレーの味付けの好みは異性と合っていたほうが良い」と仮定いたしました。「辛口」と「甘口」の好みの差なら、後からでも多少の味を変えられるでしょう。ですが、先述しました「入れる具材」や「味のベース」などの基本的な味付けの嗜好が似ているほうが、食の会話が弾み、結婚生活はうまくいくと考えました。

なんという故事付けでしょうか(‘ω’;)
ですが、嗜好が似ている方が会話が弾むというのは納得な事実でもありますね。

▼『カレー婚活』開催概要

「カレー婚活~魅惑のスパイスミーティング」

日時:2016年11月22日(火) 19:30~21:30

主催:ハピライズ株式会社

協力:甘利香辛食品株式会社

会場:「カーンケバブビリヤニ」(最寄駅:JR新橋)

参加費:男女ともにお一人様1,000円(税込)

参加申込:

【PCから応募の場合】

https://www.sunmarie.com/q/campaign/seminar/post.html

【スマートフォンから応募の場合】

https://www.sunmarie.com/q/campaign/seminar-sp/post.html

参加締切:2016年11月1日(火)17:00まで

※応募者多数の場合は、抽選となり、当選者にのみ11月2日以降に直接ご連絡を差し上げます。
参加資格:真面目に結婚相手を探している20歳以上の独身男女で、カレー・スパイス料理が好きな方
参加人数:50名(男性 20名~25名×女性 20名~25名)

 

▼開催場所

カーンケバブビリヤニ(食べログ3.63)

今回参加者に食べていただくのは、この日だけのために用意された「カーンケバブビリヤニ」のスペシャルコース。それがなんと参加費1,000円で堪能できます。

「カレー婚活なのだからカレーが1皿出てきて終わり」と思うかもしれませんが、今回は男女の出逢いをゆっくり楽しんでいただくために、「カーンケバブビリヤニ」の料理の数々を参加者には堪能頂きます。

1000円でカレー一皿というわけじゃないらしい。

 

▼そもそも『カレー』とはなんぞや

curry

インド周辺で生まれ、18世紀にイギリスに伝わった。日本には明治初期に伝来。大塚食品が1968年に世界初の家庭用レトルト食品「ボンカレー」を発売するなど、カレーライスとして独自に進化する。家庭用のルウやレトルトだけでも、市場規模は年間で1千億円強(推計)。壱番屋の08年5月期の店舗売上高は682億円。 出典:朝日新聞掲載

ちなみに、日本に伝来したのが明治の頃。福沢諭吉先生が紹介したのが1860年なので、日本におけるカレーの歴史は150年を超えているようです。

 

▼Amazonカレールーのランキング1~4位

Powered by amaprop.net

 

▼まとめ

カレーの味の好みっていうけど、正直自分にとってカレーはカレー。味が変わろうが具材が変わろうがカレーはカレーなわけです。しかしながら芋をいれるのが好きじゃないとかカレーが嫌いという方も世の中にはいて、必ずしも自分の好みのカレーを相手が好きになると限らないというのもまた事実。自分は玉ねぎ、人参はしっかりと炒めてから鍋に入れる派でキノコはあまりいれたくないタイプです(‘ω’)ノ

婚活はどちらかというと、女性が安くて男性はボッタクリのような値段をぶんどられるイメージですが、男女1000円というのは男女平等でお財布にも優しいですね。カレー好きのインドの方が集合したらさぞ予想外のイベントになるだろうなぁ( ´∀`)

curry

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。