【8月15日発売】サントリーより-196℃ブランドで新発売、「秋梨(限定出荷) 」を飲んだ感想【2017】

-196℃秋梨

どうも、ひでつぐです。

今回はサントリーから発売された-196℃ブランドの「秋梨チューハイ」をレビューしてみたいと思います。

あと、今回から少しレビューの方式を変更します。

 

「うまい!」>「ふつう」>「びみょう」>「まずい」の基本4種類で分かりやすく表現します。

 

「うまい」は★8~10、「ふつう」は★7~5、「びみょう」は★4~3、「まずい」は★2~1といった感じになります。

 

とりあえず実験ということで、こんな感じで暫くやってみたいと思います。

 

飲む前の期待値★10評価(★が多いほど期待値が高い)

期待値:5.0

-196℃は人工甘味料を使っているので評価は低め。


 

概要、原材料について

原材料
商品名 サントリーチューハイ「-196℃〈秋梨〉」
果汁 無し
アルコール分 4%
原材料 梨、スピリッツ、ウイスキー、ブランデー、糖類、酸味料、香料、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)

大体はスピリッツのみだけど、ウイスキー、ブランデーと複数のお酒が入っている様子。

浸漬酒は使ってるけど、果汁はなし。これには驚いた(@_@)

 

 

価格について

レシート

希望小売価格は税抜きで141円。イオンでは税込み105円となっていました。

 

 

▼「サントリーチューハイ -196℃〈秋梨〉 」を飲んでみた感想

-196℃秋梨02

公式の情報によると

栃木県・横山果樹園で収穫された人気の梨品種「幸水」を使用しました。すっきりとした甘さが楽しめるみずみずしい味わいが特長です。

とのこと。でも果汁つかってない……。

まぁ、いいでしょう。

ではでは、

オープン!!

 

-196℃秋梨03

香りは梨。色は無色透明。

果汁を使ってないから濁りがないのかもしれない。

ではさっそく一口。

判定!

普通

 

飲んだ時にふんわりと梨が香る。

それでいて、すっきりと爽やかなテイストでとても飲みやすい。

しかし残念ながら梨感は弱い。

なので、「梨!」ていうのを期待してるとちょっと残念な結果になる。

 

しかしながら、軽く飲めるという点では悪くない。

逆に言えば、物足りなさという事でも……。

 

 

甘味:、果実感:、パンチ力:、香り:

★10評価

評価:★6.0

サントリー チューハイ -196℃ 秋梨 350ml×24本
サントリー (2017-08-15)
売り上げランキング: 18,422