【2017/10/17発売】サントリーより発売、-196℃の冬季限定新発売商品『サントリーチューハイ 「-196℃〈冬のみかん〉」』を飲んだ感想【お酒】

冬のみかん

どうも、心のケアトーカー ひでつぐです。

ここずっと天気も悪く、心も中々晴れないですが、

負けずに頑張っていきましょう!

 

今日のレビューはサントリーから発売された新商品、

 

サントリーチューハイ「-196℃〈冬のみかん〉」

 

です。

 

みかんフレーバーは凄く好きなのだけど、

今回の-196℃は人工甘味料を使用している模様。

既にテンションダウンですが、

さっそくレビューしてみたいと思います(‘ω’)ノ

 

飲む前の期待値★10評価(★が多いほど期待値が高い)

期待値:5.0

人工甘味料が気になるので期待値は★5としました。


 

概要、原材料について

原材料
商品名 サントリーチューハイ「-196℃〈冬のみかん〉」
果汁 無し
アルコール分 5%
原材料 みかん、スピリッツ、糖類、酸味料、香料、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)

やっぱり人工甘味料が入ってますなぁ・・・。

 

 

価格について

レシート

希望小売価格は税抜き141円。イオンでは税込み108円でした。

 

 

▼「サントリーチューハイ「-196℃〈冬のみかん〉」 」を飲んでみた感想

冬のみかん02

公式の情報によると、

和歌山県産の温州みかんを使用しました。やさしい甘さとほどよい酸味がお楽しみいただけます。

とのこと。

みかんの優しい甘さが何とも言えず、みかんフレーバーは本当に好き。

人工甘味料を使っていても、しっかりと美味しさをキープしていると願いたい!

 

あと、言い忘れましたが今回から評価を単純化します。

「うまい」か「不味い」の2択です。

微妙なものは不味い、素直に「うまい」と思ったもののみ、「うまい」とします。

 

では、

オープン!!

 

冬のみかん03

何ともすっきりとしたみかんの香り。

色は無色透明。果汁が入っていないので無色透明なのかな。

ではさっそく一口。

判定!

まずい

「うまい」か「まずい」で言えばまずい。

 

というのも、やはり人工甘味料の部分でしょうか。

じんわりと感じる不気味な後味、これは本当にどうしようもない。

どんなに美味しいと思ったモノでもこの後味余韻を感じた瞬間に

残念な気持ちになる。

 

この「冬のみかん」飲んだときの中味で微妙な苦みを感じるのだけど

これは浸漬酒で皮までつけているからだろうか? この苦みは人工甘味料によるものではないと思うのだけど・・・・。

 

何にせよ、「うまい!」とは思いませんでした。

 

 

甘味:、果実感:、パンチ力:、香り: