江崎グリコのアイス「PAPICO」の期間限定の新作「パピコ 梨」の実食レビュー

8月29日に江崎グリコから発売された「パピコ 梨」。
最近はいろいろなアイスで梨のフレーバーが発売されるのは嬉しい限り。さてさて、今回のパピコはどのようなものなのか、早速レビューしてみます。

梨パピコ

 

▼「PAPICO」とは何なのか改めて知ってみる

江崎グリコから1977年に発売された冷菓。チューブ型のアイスで2本のペアになっている。チョココーヒー味がメジャー。

 

▼原材料について

原材料
原材料 梨果汁・果肉、果糖ぶどう糖液糖、砂糖、植物油脂、水あめ/安定剤(増粘多糖類)、乳化剤、酸味料、香料、紅花色素、乳酸カルシウム

最近出た「爽 梨(すりおろし食感果肉入り)」と比較

爽横面
原材料 砂糖、梨果汁、水あめ、梨加工品、異性化液糖、植物油脂、果糖、食塩、安定剤(増粘多糖類、セルロース)、香料、酸味料、乳化剤、着色料(紅花黄、カラメル)

なんという事でしょう。
「爽」は原材料の一番最初が「砂糖」になっています。
それに対し、パピコは「梨果汁・果肉」が先頭に来ています。原材料は重量の割合の多いものから順に並べるという決まりがあるので、パピコの場合砂糖以上にしっかりと梨果汁を使っている事がわかります。ちなみに、パピコは梨果汁13%、爽の梨は12%となっています。ココは要注目!

パピコ梨果汁 爽梨

 

 

▼カロリーについて

カロリー

PAPICO 梨(1本当たり):81kcal(2つで162kcal)

ちなみに「爽 梨(すりおろし果肉入り)」は1個:151kcalとなっています。ここはちょっとだけパピコのほうが高いみたいですね。

 

▼価格について

希望小売価格:130円(税抜き)

地元のスーパーに無く近くのショップでかったところ定価の税込み140円となっていました。

 

▼「PAPICO 梨」を食べてみる

パピコ袋出し

袋から取り出して食べてみます。

先に言っておきます。私、PAPICOがスッゴク好きです。
特にチョココーヒー味なんて好きすぎて毎日のように食べていました。(※現在は食べ過ぎによる飽きにより控えています)

そんな事もあって、パピコは期待を裏切らないという信頼感があります。では頂きます。

うまいわぁ・・・(う∀T)。

なんという安定感。うまい!さっぱりと、時にネットリとでも最後はさっぱりと梨の甘さの爽快感が前面に押し出してくる。抜群の安定感。さすが安定のPAPICO。言葉が出ない。ナイススムージー!

美味しいが故にチュウチュウとあっという間に吸い尽くして食べ終えてしまいましたが、パピコはチューブタイプで力任せにに押し出せばズゾゾオオっと一気に食べ終えてしまうので、そこがなんとも物悲しい。美味しいので味わって食べたいけども、一気に食べてもしまいたい、その鬩ぎ合い。はぁ。

梨好きには文句なしと言えるでしょう。爽の梨も美味しいのですが個人的にこのパピコはその上を行きました。アイス好き、梨好きは必食です( ´∀`)

 

 

▼まとめ

パピコの何が良いっていいますと、手が汚れたりしない食べやすさ、自分の好きな溶かし加減で食べられる応用力、チューブを半分に分けて好きな人と食べられること(相手いませんが)といった事が上げられます。

最高っすなぁパピコ!

「爽」の記事はコチラ

ロッテのアイス「爽」の新フレーバー「爽 梨 すりおろし果肉入り」を実食レビュー

梨パピコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。