貰って嬉しいお中元、お歳暮、ベルンのミルフィユ『ヘーゼルナッツチョコレート』を食べた感想

ベルンミルフィユ

どうも、ひでつぐです。

 

今回レビューするのはチョコレートミルフィーユ菓子で知られる、

 

ベルン ミルフィユ

(ヘーゼルナッツチョコレート)』

 

です。

 

食べる前の期待値★10評価(★が多いほど期待値が高い)

期待値:7.0

何度も食べていますが、レビューということで期待値を設定。

美味しいのは分かっていますが、ちょっと低めに★7としました。


 

ベルンとは

『ミルフィユ』というパイ生地をクリームと重ね合わせたチョコレート菓子を主に製造。

このベルンという会社ですが、このご時世にホームページを持っていないようです。それでも商品が売れているという事を考えると、それだけ「ミルフィユ」という商品に魅力があると言うことになるでしょう。

 

 

▼「ベルン ミルフィユ(ヘーゼルナッツチョコレート)」を食べてみる

ベルンミルフィユ02

今回はオープンした状態でスタートです(‘ω’)

とりあえず、香りはチョコレートの香りのみ。

食べる事でヘーゼルナッツの香りがするはず。

ではさっそく一口。

判定!

ふつう

 

美味しいです。

ですが、今回は厳しめにいきます。

 

まずは「ミルフィユ」としての感想ですが

パイ生地の食感とチョコレートの組み合わせの抜群の相性、

それを一口で食べられるという、このサイズに集約した事に意味があると思う訳です。

ミルフィーユはケーキだととても食べずらいですが、

これはとても食べやすい。

そして、一口でチョコレートと中のクリーム、パイ生地の食感を楽しめる。

この事が何よりも素晴らしい。

 

続いて「ヘーゼルナッツチョコレート」という部分についての感想を言いたいと思います。

ずばり、ヘーゼルナッツ感は弱いと思います。

いつもはパクッと何も考えなしに食べていたのでわからなかったのですが、

改めて味わって食べてみると、ヘーゼルナッツ感はやはり弱いと感じました。

 

チョコレート菓子なのでチョコレート部分がしっかりしていれば、

ある程度はなんでも美味しく感じられてしまうわけですが、

「ヘーゼルナッツ」と冠をつけるならばもう少しガツン!とくるものでも良いかなというのが

正直な感想でしょうか(‘ω’)

 

しかしながら、これを贈られると茶菓子タイムがとても潤うので好きなんですよね(*´ω`*)

 

 

甘味:、ヘーゼルナッツ感:、パンチ力:、香り:

★10評価

評価:★8.0

ベルン  ミルフィユ

ベルン  ミルフィユ

posted with amazlet at 17.08.31
売り上げランキング: 109,452