貰って嬉しいお中元、お歳暮、ベルンのミルフィユ『ミルクチョコレート』を食べた感想

ベルンミルクチョコレート

どうも、ひでつぐです。

 

今回レビューするのは少し前にレビューしたミルフィーユ菓子の別の味、

 

ベルン ミルフィユ(ミルクチョコレート)』

 

です。

 

ベルンのミルフィユ自体は「ヘーゼルナッツチョコレート」の時にもしているので、

今回はレビューのみの短めの記事になります。

 

 

食べる前の期待値★10評価(★が多いほど期待値が高い)

期待値:8.0

ミルクチョコレートは個人的に一番好きな味。期待値も高いです。


 

 

▼「ベルン ミルフィユ(ヘーゼルナッツチョコレート)」を食べてみる

ベルンミルクチョコレート02

今回もヘーゼルナッツの時と同様にオープンした状態でスタートです(‘ω’)

香りはふつうにチョコレート。

ではさっそく一口。

判定!

うまい

美味しい。

チョコレートとパイ生地のバランスが実に良い。

 

ミルクチョコレートは想像通りこってりしすぎず一般的に普通に食べやすいチョコレートという感じで

万人受けする味になっています。

 

口の中に放り込むと、最初にパイ生地の食感が。

続いてクリームとチョコレートが混ざり合い飲み込む喉元ぐらいまで進むと

それらが混ざり合った絶妙な味わいが感じられる。

その時にミルクチョコレートの部分が生きてくる。

奇抜でないシンプルなチョコレートだからこそ、違和感なく美味しく食べられる。

 

だんだん何言ってるか分からなくなってきた(ヽ´ω`)

とにかく美味しいって事を伝えたかったんですよ(‘ω’)ノ

 

 

甘味:、チョコレート感:、パンチ力:、香り:

★10評価

評価:★8.0

ベルン  ミルフィユ

ベルン  ミルフィユ

posted with amazlet at 17.08.31
売り上げランキング: 109,452

ベルンはだいたい3口で食べるわけですが、左右の両端部分のチョコレート分が2口目には無く、どうしてもチョコレート感が足りなくなります。この2口目のチョコレート部分を上手いこと増量してバランス調整してくれると最強になるんだけどなぁ・・・。