イタリアのフェレロ社のkinderブランドのお菓子『Kinder Bueno(キンダー ブエノ)』を食べた感想【チョコレート菓子】

どうも、ストケロのケアトーカー ひでつぐです。

昨日の夜から雪が昼頃まで降り続き、何とも寒い。

家に居る時は腹に湯たんぽを抱えてぬくぬくと温まっています。

 

さて、今日のレビューは家族がイタリア旅行に行った時に買ってきたお土産のチョコレートのお菓子、

 

Kinder Bueno (キンダー ヴエノ)

 

です。

 

イタリアのフェレロ社のkinderというブランドのチョコレート菓子。

なんでも、イタリアでは定番のチョコレート菓子との事です。

イタリアのチョコレート菓子何てことを聞くと、それだけで美味しそうな感じ。

さっそくレビューしてみたいと思います(‘ω’)ノ

 

食べる前の期待値★10評価(★が多いほど期待値が高い)

期待値:7.5

期待値、高めです。


 

概要、原材料について

商品名 Kinder Bueno (キンダー ヴエノ)
種類 チョコレート
原材料 砂糖、植物性油脂、ヘーゼルナッツ、ココアバター、カカオマス、脱脂粉乳、小麦粉、全粉乳、低脂肪ココア、濃縮バター、食塩、乳化剤(大豆由来)、膨張剤、香料

イタリア語は分からなかったので、検索して調べたものをのせています。

 

 

価格について

お土産なので不明。

日本のAmazonで販売しているようですが、コチラは1つ174円となっていました。

 

 

▼「Kinder Bueno (キンダー ヴエノ)」を食べた感想

様々な情報サイトによると

イタリア、イギリス等のの子供たちに愛される定番のチョコレート菓子で、

ヘーゼルナッツとミルククリームのとろ~りペーストがサクサク食感のウェハースの中にたっぷりはいっているとのこと。

何とも美味しそう。

 

ちなみに、Amazon評価は調べてみると、9人中7人が5つ星評価という高評価の模様。

これは美味しいに違いない。

では、

オープン!!

 

チョコレートの香りに加え、ヘーゼルナッツの香りもある。

何とも甘くてとろ~り感があるような感じがしなくもない。(香りだけで)

では一口。

判定!

うまい

美味い!

これは美味い。

 

 

チョコレートの掛かったウエハースはサクサク。

かじると中からとろ~りとヘーゼルナッツの濃厚なクリームが口の中に広がる。

甘いのだけど、濃厚で味わい深くて何とも美味しい。

ウエハースの全体にかかるチョコは結構軽めになっていて重くない。

ヘーゼルナッツクリームとウエハース、チョコレートのバランスが絶妙で、濃厚でありながらしつこくないというか、余裕で一袋食べれちゃう仕上がりっぷり。

これがイタリアの技なのか。

 

食べ方も、ビニールから少しずつだせば手を汚さずに食べられるし、凸凹の凹の部分をポキっとすれば簡単に分けたり、食べる量をセーブする事もできてグッド。

 

とても満足感あるチョコレート菓子となっていました。

これはイタリアのお土産としてもらったら相当嬉しい。

素晴らしいお菓子でした(‘ω’)ノ

 

 

甘味:、果実感:、パンチ力:、香り:

 

 

最後に

自分の心の声に耳を傾けた事はありますか?

 

悩は絶えないし、ストレスは抱えているけどまだ頑張れる……。

でも、少しでも良いから誰かに話しを聞いてほしい……。

 

それはもしかすると、心の声にならない悲鳴なのかもしれません。

初期の心の変化に気づけるのこの世界において自分だけです。

心の状態が悪化し心が完全に壊れてしまった時、

残念な事ですが、完全に元通りという事は難しいのが現状です。

そのため、心のダメージが軽い初期のうちに状況を改善する必要があります。

袖振り合うも他生の縁。

このページに訪れたのも、

もしかすると小さな縁なのかもしれません。

心の重荷、ひでつぐが軽く致します。

是非お気軽にストケロをご利用ください。

あなたの心の重荷を軽くする

stresskerori.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。