【8月8日発売】アサヒより数量限定発売「ドライプレミアム豊醸ワールドホップセレクション 芳醇な薫り 」を飲んだ感想【2017】

ドライプレミアムワールドホップセレクション

どうも、ひでつぐです。

今日はひさしぶりにビールのレビューです。

今回は「ドライプレミアム豊醸ワールドホップセレクション 芳醇な薫り 」です。

なんでも基本はギフト販売のみとのことですが、

8月8日から数量限定で全国販売されました。

イオンにも入っているのかなぁ?と思いつつ販売コーナーを覗いてみると

入荷しているようなので、ささっと購入してきました。

ドイツの稀少ホップいったいどんなものか、

さっそくレビューしてみたいと思います(‘ω’)ノ

 

飲む前の期待値★10評価(★が多いほど期待値が高い)

6.0

アサヒでドライのプレミアム。標準以上の期待値は揺るがないでしょう。


 

概要、原材料について

原材料
商品名 ドライプレミアム豊醸ワールドホップセレクション 芳醇な薫り
果汁 無し
アルコール分 6%
原材料 麦芽、ホップ、米、コーン、スターチ

何やらドイツ産の希少なホップ、シュパルトセレクトなるものを使っているらしい。

 

 

価格について

レシート

小売希望価格の表記は無し。イオンでは税込み221円となっていました。

 

 

▼「ドライプレミアム豊醸ワールドホップセレクション 芳醇な薫り 」を飲んでみた感想

ドライプレミアムワールドホップセレクション02

公式の情報によると

世界生産量1%未満の希少ホップ、ドイツ産シュパルトセレクトを使用して限定醸造したドライプレミアム。熟成した果実のようなニュアンスが特長のホップで、芳醇な薫りと上品なコクが楽しめます。

とのこと。

熟成した果実のようなニュアンスとのこと。

柑橘系と決めつけずあえて果実としている事から複雑な香りなのかもしれない。

どんなものなのか・・・

ではでは、

オープン!!

 

ドライプレミアムワールドホップセレクション03

香りはなんともフルーティーな香り。

色は通常のドライよりもちょっと濃いかもしれない。

では一口。

芳醇?

今回、じっくりと味わうためにキンキンに冷えたものではなく、

blogを書きながら少し冷えた程度になったモノを飲んだわけですが、

ビール独自のコクや旨味は強いけど、芳醇と言える香りかというとそこまででもない。

というのが正直な感想。

 

また、スーパードライの特徴である辛口といった部分やキレといった感じは一切なし。

なので、スーパードライのそれを期待しつつ飲むと肩透かしをくらうと思います。

 

飲んだ後に少し特徴てきな余韻があるのですが、それも芳醇というわけでもなく、

個人的にはどうしても中途半端さを感じてしまいます。

これに200円以上だすならグランドキリンを選ぶというのが本音でしょうか。

 

不味くはない。だけど物足りない。中途半端な出来。そんな感想。

お歳暮でこれを送るなら絶対に、ふつうのスーパードライを送った方がいいと思います。

お歳暮でビールを送る方は試しにでもいいから一度飲んでみて欲しい。

飲んだら普通の送ろうってなると思うので。

 

 

甘味:、果実感:、パンチ力:、香り:

★10評価

6.0

ドライプレミアム 豊醸 ワールドホップセレクション 芳醇な薫り 缶 350ml×24本
アサヒビール (2017-08-08)
売り上げランキング: 78,040