Amazonで今話題のハンドスピナーを購入してみた。率直な感想は・・・。あなたが、ハンドスピナーに飽きたなら、次にオススメできるのは○○だ!

ハンドスピナー

『ハンドスピナー』なるものが世間で流行っているらしい。

何だそれは?

と、調べてみれば、ただただ回転させるだけのモノとのこと。

「はてな?」と思い、いろいろと調べてみると確かに手裏剣のような形のモノをただただ回転させている。

でもなぜか琴線に引っかかる。

お値段を調べてみると数百円からあるようなので、

ならばと一つ購入してみることにしました。

 

購入したハンドスピナーはこれ

私が購入した時の値段は480円だったのに、今価格みたら300円になっていた・・・。

という事で、価格はかなり変動しているようです。

 

到着までにかかる時間

郵便

関東への配送料は無料との事だったので直ぐにくるんだろうと思ったのですが、結果として6日ほどかかりました。

というのも、中国から発送しているようで、『中国郵政』となっていました。

色々とAmazonでアイテムを購入してきましたが中国から直接ものが届くのは初めてだと思います。

という事で、お急ぎの場合は販売元の住所をしっかりされる事をお勧めします。

 

箱オープン

ハンドスピナー02

安い奴だからか、ハンドスピナーをしまうようなケースというものは無く、箱とプラスティックケースのみ。

取り出してみると若干オイルのような匂いが。微妙にくさい。

 

とりあえず回してみる

ハンドスピナー03

作りが繊細とはお世辞にも言えませんが、

とりあえずクルクルと回転はしてくれました。

粗雑な作りでろくでもない商品も多くなってきているようですが、この商品はとりあえず合格点になるでしょうか。

回転時間を測ってみると約2分ほど。

ギュンギュン回っているのは最初の30秒弱で、あとはゆ~っくりと回転力が落ちていき2分程で終了といった感じです。

くるくる

 

実際にいじってみた感想

ハンドスピナー04

ハマる理由として上げられるのは

1、独特の形状

2、素材感

3、回っているという感覚が見た目で分かりやすい

4、考える事なく扱える

5、精神が安定する(人による)

 

といったところでしょうか。

しかしながら、飽きやすいのも事実。

自分は実際、1日ほど触った時点で飽きてきました。

このように飽きやすいと自覚している人はとにかく安いのを一つ買ってみて触ってみると良いと思います。

その時点で気に入った時に一つ数千円するような高級なものを購入すると良いでしょう。

高級なものはより素材感を感じられるはずなのでより愛着もわくと思います。

 

自分が飽きた原因を考える

なんで飽きたのか、自分なりにかんがえてみると

1、特に意味がない

2、回転力を片手で回復する事ができない

3、回転力は指で弾いてでしか回復し無い。

4、安っぽい(これは自分が安いの買ったからなんだけど)

 

などが上げられます。

しかし、以前になんか似たようなモノをいじった事がある。

なぜかこのようにずっと既視感をもっていた訳ですが、

その正体が先日わかりました。

 

既視感の正体

こいつでした。

そう、握力を鍛えるためのアイテム

パワーボールです。

 

このアイテムはボールの中にあるローターが

高速回転することによりその振動で握力や手首が鍛えられるという単純なもの。

回転自体はボールの中で行なわれており見た目的な意味では地味。

 

しかし、意味という点においてはただ回すだけのハンドスピナーと較べて、

筋トレ

になっている。という点が大きく違います。

回すことに何かしらの意味をもたせたいという方の場合はコチラのパワーボールを使ってみると良いでしょう。

 

さらに、もう1つパワーボールの凄いところがあります。

片手で回転

できるのです。

最初は外側のボールからはみ出したローラー部分を指や壁などに擦り最初の回転を始めるのですが、

あとは手首を自然にしならせて行くことで速度がどんどんと高速回転になっていきます。

これが・・・

ハンドスピナーにはない!!

しかも慣れると、

回転状態の無い『』の状態から手首のしなりだけで回転を発生させる事ができます。

 

結論

『ハンドスピナー』

より

意味ある

『パワーボール』

 

以上です。