キリンより発売、甘くなくゴクゴク飲めるというリンゴのお酒『ハードシードル』を飲んだ感想【お酒】

ハードシードル

どうも、ケアトーカー ひでつぐです。

今日は私用で出かける用事がありまして、

カフェでのケアトークはちょっとお休みにして、

電話でのケアトークを行っていました。

本当ならば、直接お会いしたほうがより良い効果が得られるのですが、

電話でのケアトークも十分に心のケアができます。

ケアレシーバーが遠方の場合はどうしても電話になってしまうので、

コチラにも力を入れているわけです。(現在は知人経由のみです)

 

と、いうことでお仕事をしっかりとこなし、

いつものお酒レビュータイムがやってきました。

 

今日レビューするのは、

飲食店でとても好評だったため去年から量販店での発売が始まったお酒

 

キリン ハードシードル

 

です。

 

リンゴを使用した甘さ控えめのお酒とのこと。

これはとても美味しそう。

ではでは、さっそくレビューしてみたいと思います(‘ω’)ノ

 

飲む前の期待値★10評価(★が多いほど期待値が高い)

期待値:7.0

甘さ控えめのリンゴのお酒、期待値がぐんぐん上昇中です。


 

概要、原材料について

原材料
商品名 キリン ハードシードル
果汁 不明
アルコール分 4.5%
原材料 りんご果汁、発酵りんご果汁、酸味料、酸化防止剤(亜硫酸塩)

果汁は入っているのに果汁%の表示がない。これはいったい。

 

 

価格について

レシート

希望小売価格はオープン価格。イオンでは税込みで192円でした。

 

 

▼「キリン ハードシードル」を飲んでみた感想

ハードシードル02

公式の情報によると

ナチュラルでフルーティなリンゴの香味が感じられ、甘くなく爽快にゴクゴク飲める味わいが特長の、リンゴを発酵させてつくったお酒です。

とのこと。

「甘くなく、爽快にゴクゴク飲める」これはいい。

甘すぎるとどうしてもゴクゴクとは飲めずちびちびとなりがち。

この甘さ控えめというのが今回の最大のポイントですねぇ。

ではでは、

オープン!!

 

ハードシードル03

あれれ、香りがあんまりリンゴっぽくない。

色はまるでビールのように黄金色。

ではさっそく一口。

判定!

微妙

これは完全に評価が分かれる系。

女性には受けるのかもしれないけど、ちょっと自分には合いませんでした。

 

おっしゃる通り、確かに甘味はありませんでした。

だけど、ここまで甘味が無いとは・・・。正直驚いた。

そして、酸っぱい。この酸っぱさまったく想像をしていなかった。

それだけに思いっきり顔面にフックをもらったような気持ちになりました。

 

不味い訳じゃないけど、ずいぶんと特徴的というか

後味の酸味が結構強力なので、すっぱいのが苦手な人は控えたほうが良いかもしれない。

 

個人的にはリンゴの香りがフワっとしつつも辛口すっきりでキレのあるタイプだと

想像していたので、イメージとのギャップが激しくて自爆した感じでしょうか・・・。

ん~でもあれ・・・

飲みなれてきたらだんだん美味しく感じてきたかもしれない。

あれ、あれ~~~。

これは・・・、

ふつう

飲みなれてくると、このすっぱいのも絶妙に美味しく感じてきた気がする。

お酒は最初のインパクトだけで味が判定しづらい。

 

 

 

甘味:、果実感:、パンチ力:、香り:

★10評価

評価:★6.5

キリン ハードシードル びん 290ml×24本
キリンビール (2016-09-27)
売り上げランキング: 9,357