キリンのチューハイ『本搾り』シリーズ、果汁28%の『キリン 本搾りチューハイ グレープフルーツ』を飲んだ感想【2017】

本搾りグレープフルーツ

前回は本搾りのオレンジを飲んだわけですが、

その事によって、果汁とお酒のみの味がどんなものかというのが大体把握できました。(市販しているもので)

だがしかし、果汁とお酒のみ!というフレーズは何と言っても魅力的な訳です。

という事で、引き続いて今回は本搾りのグレープフルーツを購入してみました。

前回のオレンジの件があったので期待値は若干低めに設定しつつ、

さっそくレビューをしてみたいと思います。

 

飲む前の期待値★10評価(★が多いほど期待値が高い)

★★★★☆☆☆☆☆☆(★4)

 

ちなみにAmazonでの評価はかなり高評価な模様

アマゾン

ベストセラー1位とか・・・

ちょっと、期待値は前回で下がったのにこれだとちょっと期待しちゃうじゃないの。

 

 

概要・原材料について

原材料
商品名 キリン 本搾り™チューハイ グレープフルーツ
果汁 28%
アルコール分 6%
原材料 グレープフルーツ、ウオッカ

オレンジの時よりも果汁が減ってアルコール度数が6%にアップしているようです。

 

価格について

レシート

イオンでは税込み価格113円となっていました。

 

▼「キリン 本搾り™チューハイ グレープフルーツ」を飲んでみた感想

本搾りグレープフルーツ02

オレンジとピンクグレープフルーツは2月にリニューアルしたそうなのですが、グレープフルーツはリニューアルされていないよう。

知らなかった。

という事でさっそくグレープフルーツの果汁本来の味を楽しんでみたいと思います。

それでは

オープン!!

 

ぷしゅっっと、グレープフルーツの爽やかでスカッとする感じの香が広がる。

色はまさしくグレープフルーツ果汁そのモノといった感じ。

それでは一口。

あれっ?

美味しい・・・。

 

なっ何というか、

普通に美味しい・・・。

 

というのもグレープフルーツの香りとか甘味とか飲んだ後の苦みとか

何だかんだとちょうどいい感じ。

 

甘味を添加していないから「甘味が薄いのかな?」と思っていたけど

グレープフルーツの甘味と苦みがちょうど良く感じられて物足りなさを感じない。

 

ただパンチ力が強いかと言うとそうでもない。

なんとも自然な感じとしか言いようがない。

 

何だこれは美味しいじゃないか!

種類でこうも感じ方が違うとなるとやはり全種類試したくなってしまうなぁ・・・。

 

人工甘味料が苦手な人、糖分を控えたい人いろんな人がいる中で果実だけという分かりやすさは

そういった人達を満足させうるものだと思います。

甘味:★★☆☆☆、果実感:★★★★☆、パンチ力:★☆☆☆☆

★10評価

総合:★★★★★★★★☆☆

美味しいじゃない・・・。★8としました。

やっぱり飲んで見なきゃ味はわかりませんね(‘ω’)

キリン 本搾りチューハイ グレープフルーツ 缶 350ml×24本
キリンビール
売り上げランキング: 142