【2月よりリニューアル】キリンのチューハイ『本搾り』シリーズ、果汁45%の『キリン 本搾りチューハイ オレンジ』を飲んだ感想【2017】

本搾りオレンジ

ふらふらと果汁の多いチューハイを探していました。

すると果汁45%というインパクトの強い数字が目に飛び込んできたわけです。

それはキリンの”本搾り”シリーズだったわけですが、

このシリーズ、まったく飲んだことが無かった・・・。

ていうか、チューハイも飲み始めてみるとサントリー、アサヒ、キリンといった大手三社だけでも

数種類だしていてまったく把握していませんでした。

まぁ、そんなことで”本搾り”は初めてとなるわけですが、

これからレビューしてみたいと思います。

 

飲む前の期待値★10評価(★が多いほど期待値が高い)

★★★★★★★★☆☆(★8)

 

概要・原材料について

原材料
商品名 キリン 本搾り™チューハイ オレンジ
果汁 45%
アルコール分 5%
原材料 オレンジ、ウオッカ

見て、この原材料!

凄い! 2つだけ!! 初めて見ましたこんなの。

ちょっとこれは期待せずにはいられない!

 

価格について

レシート

イオンで購入したところ税込みで113円となっていました。 希望小売価格はオープン価格とのこと。

 

▼「キリン 本搾り™チューハイ オレンジ」を飲んでみた感想

本搾りオレンジ02

なんでも2017年の2月からリニューアルされたらしい。

ニュースリリスによると

ギュッと搾ったオレンジの果汁本来の甘みと酸味が特長です。

とのこと。

いいじゃない!

それでは

オープン!!

 

オレンジの酸味あるいい香がする。

色は搾ったオレンジといったような正しくオレンジジュース!といった色。

否が応でも期待してしまう。

それでは一口。

こんなもんか

予想では

もっと甘くて、

もっと酸っぱくて

もっと香るものだと想像していたのだけど・・・

実際は、こんなもんなのか・・・といった感じ。

 

期待したのはオレンジを切ってガブリとむしゃぶりついた時の味。

でもそれは果汁100%な訳で期待しすぎなのもわかっていたわけですが・・・。

 

もちろん果汁感はあります。ですがパンチ力が弱い。

もっとガツンとインパクトが無いと惹かれない。し飲み飽きてしまう。

 

味的にはそこそこ美味しいけど、そこまでといったところ。

 

今回ので、果汁とお酒だけという味がどんなものか把握できました。

これにより果汁が全てではないという事が私のなかで結論付けられました。

気づかせてくれた本搾りに「ありがとう」と言いたい。

 

ココからは良い部分を言います。

 

さて、味についてはさんざんボロカスに書きましたが

原材料にてオレンジ果汁とお酒のみという潔さ、

他の甘味料を一切つかわず、ましてや香料までも使用せず、

果実の味だけで勝負しているという点は賞賛もの。

 

人工甘味料が苦手な人、糖分を控えたい人いろんな人がいる中で果実だけという分かりやすさは

そういった人達を満足させうるものだと思います。

甘味:★★☆☆☆、果実感:★★★☆☆、パンチ力:★☆☆☆☆

★10評価

総合:★★★★★☆☆☆☆☆

総合的な意味で。★5としました。

 

キリン 本搾りチューハイ オレンジ 缶 350ml×24本
キリンビール
売り上げランキング: 1,141