【2月リニューアル】キリンのチューハイ『本搾り』シリーズ、果汁29%の『キリン 本搾りチューハイ ピンクグレープフルーツ』を飲んだ感想【2017】

本搾りピンク

ほろよいシリーズを続けていましたが、たまたまよったお店に『本搾り』のピンクグレープフルーツが販売していたので今回はコチラ。

『本搾り』シリーズは言わずと知れた(ついこの間知ったけど)果汁とお酒のみのチューハイ。

グレープフルーツは既に試した訳ですがピンクグレープフルーツはどうなのか、そして今の自分に違いがわかるのか・・・、

期待値はグレープフルーツが美味しかったので期待値は高めです。

さっそくレビューしてみたいと思います。

 

飲む前の期待値★10評価(★が多いほど期待値が高い)

★★★★★★★★☆☆(★8)

 

 

概要・原材料について

原材料
商品名 キリン 本搾り™チューハイ ピンクグレープフルーツ〈フルーティな果実味〉
果汁 29%
アルコール分 5%
原材料 グレープフルーツ、ウオッカ

原材料をみるとグレープフルーツに『ピンク』が付いていないのだけど・・・・。

 

価格について

レシート

ふらっと寄ったスーパーにて購入。価格は税込み108円でした。

 

▼「キリン 本搾り™チューハイ ピンクグレープフルーツ〈フルーティな果実味〉」を飲んでみた感想

本搾りピンク02

2017年の2月よりリニューアルされたピンクグレープフルーツ。

 

レモンのようにリニューアルの結果、叩かれる事もあるようですがコレはいったいどうなのか・・・。

それでは

オープン!!

 

本搾りピンク03

優しいグレープフルーツのかおり。

香料を使っていないので場合によっては弱く感じるかもしれない。

でも本搾りはこれが魅力なのでコレはこれで良し。

色はピンクグレープフルーツを絞ったような色。まさしく果汁といったところでしょうか。

それでは一口。

これは・・・

甘味が少なく

苦みが強め

といった感じ。

 

飲んだ感じ、甘味はグレープフルーツの方があった気がする。

今回のピンクグレープフルーツはより甘味を抑えてグレープフルーツの苦みを感じる仕上がり

といったところでしょうか。

 

一口飲むとピンクグレープフルーツの味わいが口に広がる。

後味にはじんわりと苦みが追いかけてくる。

 

これはこれで美味しい。

これって、ピンクとふつうのグレープフルーツ混ぜたらもっと美味しいんじゃないだろうか。

ふと、そんな事を思った(‘ω’)

 

人工甘味料が苦手な人、糖分を控えたい人いろんな人がいる中で果実だけという分かりやすさは

そういった人達を満足させうるものだと思います。

甘味:★★☆☆☆、果実感:★★★★☆、パンチ力:★★☆☆☆

★10評価

総合:★★★★★★★★☆☆

美味しい。★8としました。

キリン 本搾りチューハイ ピンクグレープフルーツ 缶 350ml×24本
キリンビール (2016-09-13)
売り上げランキング: 1,762