【6月13日発売】 アサヒより夏季限定発売、「氷結ストロング」シリーズより『塩グリーンレモン』フレーバーを飲んだ感想【2017】

塩グリーンレモン

どうも、ひでつぐです。

キリンの市場調査によると、

当社調査によると、夏の到来に合わせて、“塩フレーバー”の商品の人気が高まる傾向があることが分かっています。

とのこと。

今のところ、塩系で確認したのは、宝酒造の『強烈塩レモンサイダー割り』のみですが、

今後、夏に向かうに近づき塩フレーバーが増えるのかが気になるところ。

という事で今回は、

夏向け切り込み隊長ともいえる氷結の塩グリーンレモンをレビューしてみたいと思います(‘ω’)ノ

 

飲む前の期待値★10評価(★が多いほど期待値が高い)

★★★★★☆☆☆☆☆(★5)

 


概要、原材料について

原材料
商品名 キリン 氷結®ストロング 塩グリーンレモン<期間限定>
果汁 2.0%
アルコール分 9%
原材料 レモン果汁、ウオッカ、食塩、酸味料、香料、甘味料(アセスルファムK)

甘味料が人工甘味料じゃなかったら最高なんだけどなぁ(@_@)

 

価格について

レシート

イオンで購入。お値段税込み、108円。

 

▼「キリン 氷結®ストロング 塩グリーンレモン<期間限定>」を飲んでみた感想

塩グリーンレモン02

塩っていっても、塩感はそこまでなくて、きっとあるかないか分からないくらいだと予想。

栄養成分を見てみると、100mlあたり、ナトリウムが25~45mgとあるのだけど

これが実際の感覚でどう感じるかが全くわからない。

なので今回のを指標にしてみようと思う。

ということで、

オープン!!

 

塩グリーンレモン03

香りはほぼレモンで、塩は特に感じず。

色は無色透明と言いたい所だけど、ほんの少し濁ってる。

それでは一口。

基本的にレモン!

一口飲んだ瞬間はレモン、塩味は飲んだ後にじわじわと感じる。

しかも、じっくり味わえば味わうほど塩見を感じる。

この塩味の効果のせいか、人工甘味料の嫌な感じがあまり感じない気がする。

というか、後味が複雑になっていて気づき難くなってるのかもしれない。

 

味はレモンの爽やかな感じが効いていて飲みやすい。

後味がじんわりと長く残るのですっきり感は弱いかも。

 

後味の塩見が後引かせるというか、また直ぐにコップ(缶)に手が伸びる。

これでアルコール9%、飲み過ぎ注意ですこれは。

甘味:★☆☆☆☆、果実感:★★☆☆☆、パンチ力:★★★☆☆、香り:★★☆☆☆

★10評価

総合:★★★★★★☆☆☆☆

期待値超え。予想よりも美味しかった。★6としました。

 

夏は塩系フレーバーが流行ると思う?

View Results

Loading ... Loading ...
キリン 氷結ストロング 塩グリーンレモン 350ml×24本
キリンビール (2017-06-13)
売り上げランキング: 21,696