【8月8日発売】アサヒより限定生産の新発売、戦前の昭和10年頃の味を再現した「三ツ矢サイダー NIPPON」を飲んだ感想【2017】

三ツ矢サイダー

どうも、ひでつぐです。

今回は今日発売された「三ツ矢サイダー NIPPON」のレビューになります。

これは通常の三ツ矢サイダーではなく、生誕134年を記念してなのか、

昭和10年頃に発売されていた「三ツ矢シャンペンサイダー」の味わいを

再現したものだとのことです。

もちろんですが、昭和10年頃に発売されたというシャンペンサイダーなるものは

飲んだことがありません。

戦前の日本人が飲んだ味とはどのような味なのか、

レビューしてみたいと思います(‘ω’)ノ

 

飲む前の期待値★10評価(★が多いほど期待値が高い)

6.0

定番のレモンスカッシュ、★6くらいが妥当じゃないでしょうか。


 

概要、原材料について

原材料
商品名 三ツ矢サイダー NIPPON
果汁 無し
原材料 砂糖類(砂糖、果糖ぶどう糖液糖)/炭酸、香料、酸味料

当時の再現なので当然、人工甘味料はなし!

 

 

価格について

レシート

希望小売価格は税抜き140円。イオンでは税込み91円となっていました。

 

 

▼「三ツ矢サイダー NIPPON」を飲んでみた感想

三ツ矢サイダー02

公式の情報によると

昭和10年頃に発売されていた「三ツ矢シャンペンサイダー」の味わいを現代に再現したものです。“磨かれた水”や“果実などから集めた香り”、“非加熱製法”という「三ツ矢サイダー」のこだわりの設計をベースに、現在発売している「三ツ矢サイダー」よりも、砂糖の味がしっかりと感じられる“コクのある甘さ”が楽しめます。

とのこと。

砂糖の味がしっかり、コクある甘さ……。

甘ったるい感じを都合の良い言葉で書き換えてないことを祈りつつ、

オープン!!

 

三ツ矢サイダー03

香りはサイダーそのもの。違いがわからない!

色はもちろん無色透明。

では一口。

余韻の違いか…な?

一口飲んだだけだと正直違いはよくわからない。

でも飲み続けているうちに、飲み始めにコク、

余韻に奥深さがあるのが分かってきました。

 

通常のサイダーとの比較は難しいですが、

じっくりと味わってサイダーを飲んでみると何気に奥深い。

今回の商品は通常のサイダーよりもコクがあるとのことなので

よりその奥深さを感じられるのかもしれない。

 

つまりは

普通に美味い!

という事。

 

今しか飲めない昭和10年頃のサイダーの味、

サイダー好きなら必飲でしょう。

 

 

甘味:、果実感:、パンチ力:、香り:

★10評価

8.5

アサヒ 三ツ矢サイダー NIPPON ボトル缶 500ml×24本入
アサヒ飲料
売り上げランキング: 63,795