【7月発売】アサヒの「三ツ矢」ブランドより発売の酸っぱいフレーバー「グリーンレモン」を飲んだ感想【2017】

三ツ矢グリーンソーダ

どうも、ひでつぐです。

このような微妙なレビューブログでも、張り付けたamazonのリンクからレビューした商品を買ってくださる方がおられます。

ありがてぇありがてぇ( ;∀;)

今後も正直に、レビューを続けていこう。と、思った次第であります。

 

落ち着きをとりもどしてと……。

今回は何かというと、アサヒの三ツ矢ブランドより「グリーンレモン」です。

なにやらコレ、

三ツ矢ブランドで最高に酸っぱい仕上がりになっているそう。

酸っぱいの苦手なのに、このコピーに負けてつい手が伸びてしまいました。

果たしてどれくらい酸っぱいのか、クエン酸濃度6倍とはどの程度なのか

レビューしてみたいと思います(‘ω’)ノ

 

飲む前の期待値★10評価(★が多いほど期待値が高い)

5.0

酸っぱいのは苦手なのでとりあえず平均値の★5としました。


 

概要、原材料について

原材料
商品名 三ツ矢グリーンレモン
果汁 無し
原材料 砂糖類(果糖ぶどう糖液糖、砂糖)、酸味料、炭酸、クエン酸K、香料、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)

きっと「クエン酸K」が酸っぱさの源でしょう。

 

 

価格について

レシート

希望小売価格は税抜き140円。イオンでは税込み91円でした。

 

 

▼「三ツ矢グリーンレモン」を飲んでみた感想

三ツ矢グリーンソーダ02

この商品、イオンの新商品コーナーにあったから購入したのですが、何気に去年も発売していたらしい。

公式によると

レモンフレーバーをベースに強い酸味と甘さを感じられる設計にしています。また、ろ過を重ねた“磨かれた水”や“果実などから集めた香り”といった「三ツ矢」ブランドのこだわりを取り入れています。

とのこと。

ではでは、

オープン!!

 

何だか普通のサイダーよりも酸っぱそうな香り。

それでいて色は無色透明ではなく白濁している。何やら怪しい。

では一口。

酸っぱいけどぉ…。

 

「三ツ矢ブランド最高に酸っぱい」とか書くから、

そりゃもう、物凄いのを想像していたんだけども…、

正直…、

そうでもない。

 

確かに、三ツ矢ブランドの中では酸っぱいと思う。

でもその他のドリンクの「キレートレモン」とかの方がもうちょい酸っぱい気もする。

 

今回のは、「三ツ矢ブランド」で最高に酸っぱいというのがポイントであって

酸っぱさに対する過度な期待を持たないというのがポイントでしょうか。

 

飲みくちについて説明すると、

最初はスキッと飲みやすくさほど酸っぱさはありません。

飲んだ後に後味、余韻としてじわじわと酸っぱさが感じられる仕組みになっています。

 

三ツ矢ブランドが好きで酸っぱいのが好きというのであれば迷わず購入すべき。

ただ酸っぱいのが好きという人は他にも選択肢は有ると思います。

 

 

甘味:★★☆☆☆、果実感:★★☆☆☆、パンチ力:★★★☆☆、香り:★☆☆☆☆

★10評価

6.0

 

アサヒ 三ツ矢 グリーンレモン 500ml×24本
アサヒ飲料 (2017-06-27)
売り上げランキング: 1,061