【2017/4/11発売】大塚製薬のエナジードリンク、ショウガや香辛料で刺激的な『ライジン ドライ(RAIZIN DRY)』を飲んだ感想【炭酸飲料】

どうも、ストケロのケアトーカー ひでつぐです。

 

今日のレビューは、大塚製薬が作ったというエナジードリンク、

 

ライジン ドライ

 

です。

 

なかなか近所に売っていないこの商品。

きっとまだ見た事ない人もいるのではないでしょうか。

 

私自身、まったく未知の味なのでちょっとドキドキするわけですが、

大塚製薬なのでオロナミンCに似た味になってるのではないかと思っているのですが

はてさて。

それでは、さっそくレビューしてみたいと思います(‘ω’)ノ

 

飲む前の期待値★10評価(★が多いほど期待値が高い)

期待値:5.0

良くわからないので、期待値は5にしておきました。


 

概要、原材料について

原材料
商品名 ライジン ドライ
果汁 無し
アルコール分 無し
原材料 果糖ぶどう糖液糖、ショウガ抽出物、酸味料、香料、保存料(安息香酸Na)、カフェイン、イノシトール、香辛料抽出物、ナイアシン、着色料(カラメル)、チャ抽出物、V.B2、V.B6

今までに見た事のない原材料がちらほら。

 

 

価格について

希望小売価格は税抜きで190円。

 

 

▼「ライジン ドライ」を飲んでみた感想

公式の情報によると

「RAIZIN」は、世界的に注目されているデザイナー「佐藤オオキ」氏率いるデザインオフィス「nendo」がクリエイティブディレクションをして、パッケージデザインに加え、商品コンセプト、フレーバーに至るまで共同で企画開発した新炭酸飲料です。
好みに応じて選んで頂けるように、強烈な辛口の「DRY」とすっきりとした甘味の「MILD」の2つのフレーバーをラインアップしました。また、185ml缶のサイズにすることで、携帯性に優れ、かつ一気に飲みきれるようになり、仕事の合間や就業後のプライベートタイムに向けて手軽に気分をリセットできる飲料としてお薦めいたします。

とのこと。

強烈な辛口のドライということで、

何やらオロナミンCとずいぶん違うような感じ。

ではさっそく飲んでみたいと思います。

オープン!!

 

よくあるエナジードリンクの色。

香りは良くわからない・・・。何だか薬っぽいような・・・

何とも言えない香です。

では一口・・・。

判定!

うまい

2段階判定なので、今回は美味いに。

なんだろう、確実に言えるのはオロナミンCではない。

 

そしてかなり刺激的な味。

ショウガが入っているので、刺激はウィルキンソンのジンジャーエールに

似ているとも言えますが、それに加えてエナジードリンクテイストを

加えたという感じが一番わかりやすい表現になりそう。

 

普段、あまりこのようなエナジードリンクは飲まないのだけど、

飲んだからなんだか随分と頭が覚醒してきた気がするパーっというか

スッキリというかはっきりというか、クリアというか何というか。

 

モンスターとかレッドブルよりも個人的にはコチラの商品の方が好きかも。

とても刺激的でちょっとクセになるかもせれません。

(クセになっちゃうのは危険かもですが)

 

 

甘味:、果実感:、パンチ力:、香り:

 

 

最後に

自分の心の声に耳を傾けた事はありますか?

 

悩は絶えないし、ストレスは抱えているけどまだ頑張れる……。

でも、少しでも良いから誰かに話しを聞いてほしい……。

 

それはもしかすると、心の声にならない悲鳴なのかもしれません。

初期の心の変化に気づけるのこの世界において自分だけです。

心の状態が悪化し心が完全に壊れてしまった時、

残念な事ですが、完全に元通りという事は難しいのが現状です。

そのため、心のダメージが軽い初期のうちに状況を改善する必要があります。

 

袖振り合うも他生の縁。

このページに訪れたのも、

もしかすると小さな縁なのかもしれません。

心の重荷、ひでつぐが軽く致します。

是非お気軽にストケロをご利用ください。

あなたの心の重荷を軽くする

stresskerori.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。