【4月18日発売】サントリーより新発売、”ほろよい”の期間限定フレーバー『ほろよい ラムネサワー』を実飲レビュー【2017】

ラムネサワー

サントリー”ほろよい”の新フレーバーが4月18日に『ほろよい甘夏サワー』、『ほろよいラムネサワー』の2種類が発売されました。

前回は『ほろよい甘夏サワー』をレビューしたので、今回は『ラムネサワー』の方を購入してきました。

ラムネといえば夏祭りの定番だったり、田舎に帰った時に駄菓子屋さんで購入して飲んだりと、なんだか昔懐かしなイメージが膨らみますが、そもそもラムネについてよくしらない。お菓子のラムネでもないし”ラムネ”とは一体なんなのかよくわからなかったので調べてみると・・・

ラムネ

清涼飲料の一種。レモネードがなまった語という。1850年ごろ渡来,オランダ水とも呼ばれた。炭酸水に酸味料,甘味料,香料を加え,玉びんと称する特有のガラス玉入りのびんに詰める。 百科事典マイペディア

1850年ごろ渡来とは・・・ずいぶんな歴史があるようでビックリ。

という事で今回はそんな歴史のあるラムネがサワーになった『ほろよい ラムネサワー』をレビューしてみたいと思います。


概要・原材料について

原材料
商品名 ほろよい ラムネサワー
アルコール分 3%
原材料 スピリッツ、リンゴ、糖類、酸味料、香料、炭酸ガス含有

 

価格について

レシート

希望小売価格は税別141円、イオン価格は税込み105円。となっていました。

 

▼「ほろよい ラムネサワー」を飲んでみた感想

ラムネサワー02

ラムネっていったらビー玉が入った瓶が特徴的で、ラムネ瓶から飲むのがやっぱり美味しい訳です。

ラムネ瓶から飲めない時点でラムネの価値自体が下がってしまうわけですが、ほろよいはその部分を補えるほどの実力があるのか、さっそく飲んでみたいと思います。

 

ラムネサワー03

グラスに注いでみると、無色透明。

香りはまさしくラムネ瓶でのんだラムネのような香り。

飲んでみると・・

ラムネ!!

すんません。

これしか言えない。もうラムネでした。

最初から最後までほとんどラムネですが、最後に感じる後味にすこしお酒を感じる。

”ほろよい”はお酒っぽくない、あえて言えばジュースに近い飲みやすいタイプのお酒なのでわざとアルコールを感じなく作っているのだと思います。なのでジュースっぽいラムネのお酒が飲みたいという人にはうってつけの一品となっています。

逆にラムネでアルコール感がほしいという場合はまったくそのご期待に応えられないので注意が必要。
まぁ”ほろよい”を買う人にアルコール感を求めている人はそんないないとは思いますが。

ラムネサワーをじっくり味わって飲んでみると、リンゴ感を感じる事ができるようになってくる。

やっぱりラムネには夏を感じる。甘夏同様、今後くる夏を想起させるほろよい2種となっていました。

★10評価中

★★★★★☆☆☆☆☆

ラムネ瓶だったら★6、缶なので★5、としました。

サントリー チューハイ ほろよい ラムネサワー 350ml×24本
サントリー (2016-04-19)
売り上げランキング: 4,099