赤城乳業より新発売、ソフトクリームの上だけというアイス「Sof’ バニラ」を実食レビュー

sofu

3月22日に赤城乳業から新発売されたアイスクリーム『Sof’』。
何でも、ソフトクリームの頭の部分だけということで、『Sof’』という名前になったとのこと。ソフトクリーム好きな私としてはこれは絶対にレビューを書かないとと思ったしだいです。


 

▼原材料について

原材料
原材料 乳製品、砂糖、水あめ、粉飴、卵黄(卵を含む)、デキストリン、果糖、還元水飴、食塩/乳化剤、安定剤(増粘多糖類)、香料

 

商品概要

レシート
メーカー希望小売価格 130円(税別)140円(税込)
種類別 アイスクリーム(※アイスクリームは乳固形分15.0%以上(無視乳固形分+乳脂肪分)、乳脂肪分8.0%以上)
内容量 150ml

 

栄養成分表示(1本/1個当たり)

エネルギー 188kcal
栄養成分 タンパク質2.5g、脂質9.3g、炭水化物24.3g、食塩相当量0.12g

 

▼「Sof’バニラ(カップ)」を食べてみた感想

ソフ

Sof’(ソフ)のホームページの情報によると、原材料に北海道産の生クリームを使用しコクのある味わいになっているということ、味についてはふんわり食感でコクが感じらるという事で、どうやらコクを売りにしているらしい。

食べごろはソフタイム”というSof’(ソフ)が少し溶けて表面がテカってきたころとのこと。

でも、まずはテカってない冷凍庫から取り出したばかりの状態で食べてみます。

「ん・・・」

甘い。かなり甘い。甘みがかなり強くソフトクリームの部類の味で考えてみると、どう考えても甘すぎな感じ。
冷凍庫から取り出したばかりでも、アイス自体はそこまで硬くない。

スーパーカップバニラの冷蔵庫から取り出したばかりの硬さを「10」例えるならば「3」くらいの硬さというか、最初からあまり硬くない。この時点の食感はちょっと硬い泡を食べているような感じでしょうか。

次に数分まって表面が少しテカってきた状態で頂いてみる。

溶けソフ

「ん・・・」

食感は凄く軽い。いや軽すぎるというべきか……。何というか、甘い泡を食べているような感じ。

ソフトクリームとソフが同じ食感かと言えば

全く異なるもの

となっています。なので、ソフトクリームが食べたくて「Sof’」を購入すると肩透かしを食らうかと思われる。

なので、ソフトクリームが食べたいのなら、「Sof’」を買わず、ソフトクリームを買ったほうが良い。

ただ、「Sof’」の甘み、泡のような柔らかい食感が好きという方もいると思うので、「Sof’」は「Sof’」として考えて、「Sof’」が食べたい場合のみ購入することをオススメします。

個人的な感想として、ふわふわアワアワした食感はどうにも食べ応えに欠け、期待値を超える逸品とはなりませんでした。

結論

ソフトクリームはソフトクリーム。

ソフはソフ。

赤城乳業 Sof’ バニラ 150ml×16個
赤城乳業
売り上げランキング: 36,680