ロッテのアイス「爽」のフレーバー「爽 苺ヨーグルト風味(果肉入り)」を実食レビュー

爽

爽の「爽 梨 すりおろし果肉入り」を買おうとスーパーに行った時、「苺ヨーグルト」の爽もでていたのでついでに購入しました。せっかくなのでコチラのレビューも行っておきたいと思います。

 

▼「爽」とは何なのか改めて知ってみる

1994年にロッテから発売されたカップタイプのアイスクリーム。
アイスの中に微細な氷が均等に混ざり合っており(特許:第3660157号)、普通のカップアイスには無かったシャリシャリとした独特の食感が特徴。

 

▼「爽」のヨーグルトフレーバーについて

最初に発売されたのは2013年3月18日。この時のタイプは苺のソースがぐるぐると渦を巻くように入っていてパナップのような感じとも言える見た目となっていました。

いちごヨーグルト味

2013年9月2日、「いちごヨーグルト」の次に発売されたヨーグルトフレーバーは「温州みかん」でした。これも「いちごヨーグルト」と同じようにオレンジが渦を巻き層をなしているのが特徴的です。

みかん

次にヨーグルトフーレバーが発売されたのは2015年9月28日。こちらのヨーグルトフレーバーは最初のタイプのようにいちごソースが入っているのではなく、程よい酸味のいちご味のアイスをヨーグルト風味のアイスを一緒にしたもので商品名に「風味」がつくようになりました。果汁は初期の5%から変更はありません。

いちごヨーグルト

そして2016年2月8日に発売されたのが今回食べる「爽 苺ヨーグルト風味(果肉入り)」です。今回のタイプは前回のとはガラリと変わって、最初の段階からヨーグルトと苺が混ざり合っており、それに苺果肉が加わったアイスとなっています。

 

▼原材料について

IMG_1457
原材料 砂糖、苺ジャム、乳製品、植物油脂、果糖、苺果汁発酵液、酸味料、安定剤(増粘多糖類)、香料、乳化剤、(原材料の一部に大豆を含む)

梨の爽は内容量が190mlだったのだけど、コチラは185mlとなっていました。

 

▼カロリーについて

カロリー

爽 苺ヨーグルト風味(果肉入り)(1個当り):178Kcal

 

▼価格について

レシート

希望小売価格:130円(税抜き)

税込み89円なのでアイスを買う時は、やっぱりスーパーですねぇ。
上の写真は梨の爽と一緒に買った時のレシート。

 

▼「爽 苺ヨーグルト風味(果肉入り)」を食べてみる

爽苺ヨーグルト

見た目は今までのとは違いパッとしなくなりました。今までが渦巻きで特徴が強かったので普通な感じになったとも言えます。

味はというと、さっぱりと食べられるヨーグルト苺アイスとしか言いようがないのですが、爽独自の微細氷のシャリッとした感覚、爽独特のさっぱり感があり、重くなくスプーンが軽快に進んでいきます。

果肉

果肉というか、苺ジャムが所々に入っているのですが、これらの食感はそれなりに感じる事ができました。ヨーグルトの酸味は酸味に弱い私でも平気に感じられる程度なので、酸味が苦手な方でも美味しく食べられると思います。

ヨーグルトの酸味、苺の感じ、絶妙な酸味に微細氷の食感とさっぱり感、これは中々美味しい。発売日が2月8日という超寒い時期に発売されているのが謎なのですが、夏、さっぱりとしたアイスを食べたいときに最適なアイスとも言えるかもしれません。

 

▼まとめ

 

所詮は「ラクトアイス」とか思われる方もいるかもしれませんが、ラクトアイスも中々侮れないものです。爽の梨がある程度アクセスがあったので、コチラについてもレビューしてみました。アイス系の記事は書きやすく楽しいです( ´∀`)

ロッテのアイス「爽」の新フレーバー「爽 梨 すりおろし果肉入り」を実食レビュー

爽

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。