【2018/4/10発売】キリンから発売、ストロング系新ブランド「ザ・ストロング」の「キリン・ザ・ストロング ハードコーラ」をレビュー【お酒】

ひでつぐです。

今日のレビューはキリンのストロング系の新ブランド「ザ・ストロング」の中から

 

キリン・ザ・ストロング ハードコーラ

 

をレビューしてみたいと思います。

 

ストロング系の人気が留まるところを知らない感じで、チューハイであったりビール系飲料であったりと様々ななタイプがでてきています。今回のキリンの新作ブランドはいかがなものなのか・・・。 それにしてもストロング系はなぜか人工甘味料が多いイメージ。

今回の「ザストロング」もしっかりと人工甘味料が入っていたので「不味い度チェック」になります。

それではレビュースタートです(‘ω’)ノ

 

飲む前の不味さ予感★10評価(★が多いほど不味い予感)

期待値:6.0

 

コーラということで、それだけでおいしそうには思えてしまう。

 

概要、原材料について

商品名 キリン・ザ・ストロング ハードコーラ
果汁 果汁なし
アルコール度数 9%
原材料 ウオッカ、シトラスエキス・酸味料・香料・カラメル色素・甘味料(アセスルファムK、スクラロース)

なぜ人工甘味料を使うのか。

 

 

価格について

オープン価格。イオンでは税込み108円となっていました。

 

 

▼「キリン・ザ・ストロング ハードコーラ」を飲んでみた感想

公式の情報によると

当社RTDで最も強い※6「ハードな炭酸感」、グッとくる「うまみ」をもたらす、新開発“ハードエキス”(特許出願中)を使用した「ハードな味わい」、クリアウオッカを使用しアルコール分9%に仕上げた「ハードなアルコール感」という、「トリプルハード製法」で実現した、ハードな刺激と飲みごたえが特長です。

とのこと。

 

 

キリンの新しいストロング系ブランド、人工甘味料を使用している時点で論外ですが、

それでも新ブランドという事で期待してしまう自分がいる。

では、

 

オープン!!

 

色も香りもコーラな感じ。

では一口。

判定!

まずい

まずい。

やっぱり後味がなんとも言えない不味さ。

人工甘味料が入っている時点で味に期待はできなかったけど、やっぱり後味は絶望的。

 

でも、このザストロングですが、ストロング系にも関わらずとても飲みやすい。

というか、ジュース感覚で飲めてしまうくらいな感じでアルコールを飲んでる感じはそこまでない。

人工甘味料はどうあれ、飲みやすさは事実としてあり、グイグイといけてしまう。

これは恐ろしいアル中製造機。

キリンさん、あんたなんてもんを作ってしまったんだ・・・。

人工甘味料は苦手な人は飲まないだろうけど、平気な人はグビグビと飲んじゃってアル中にならないように注意しましょう(ヽ´ω`)

 

甘味:、果実感:、パンチ力:、香り:

キリン ザ・ストロング ハードコーラ 350缶 24本入り
キリンビール
売り上げランキング: 34,042

 

 

最後に

自分の心の声に耳を傾けた事はありますか?

 

悩は絶えないし、ストレスは抱えているけどまだ頑張れる……。

でも、少しでも良いから誰かに話しを聞いてほしい……。

 

それはもしかすると、心の声にならない悲鳴なのかもしれません。

初期の心の変化に気づけるのこの世界において自分だけです。

心の状態が悪化し心が完全に壊れてしまった時、

残念な事ですが、完全に元通りという事は難しいのが現状です。

そのため、心のダメージが軽い初期のうちに状況を改善する必要があります。

袖振り合うも他生の縁。

このページに訪れたのも、

もしかすると小さな縁なのかもしれません。

心の重荷、ひでつぐが軽く致します。

是非お気軽にストケロをご利用ください。

あなたの心の重荷を軽くする

stresskerori.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。