【2017/10/17発売】キリンより新発売、氷結の新シリーズ『キリン 旅する氷結® フォレストベリー』を飲んだ感想【お酒】

フォレストベリー

どうも、心のケアトーカー ひでつぐです。

 

何とか今週中にはケアトークのページを完成させて、

webの予約も開始できそうです。ストレスが溜まっている方、

心がきしんでツライ思いをしている方、

全てを話し、未来の道筋をたて笑顔になりましょう!

 

さてさて、本日のレビューですが、

今回のレビューは「旅する氷結」シリーズの新作、

 

キリン 旅する氷結® フォレストベリー

 

です。

「旅する氷結」は今回の新作を含めると7本目という事になります。

マンマレモンチーノ

カリビアンモヒート

アップルオレンジサングリア

ロコロコパイン

ハオチーライチ

ピーチアモーレ

上記がこれまでに出てきた「旅する氷結」たち。

 

旅する氷結は基本美味しいのだけど、人工甘味料が入っているのが

超特大のマイナス点となっているわけですが・・・。

 

はてさて、今回はどのようなものなのか、

さっそくレビューしてみたいと思います(‘ω’)ノ

 

飲む前の期待値★10評価(★が多いほど期待値が高い)

期待値:5.0

人工甘味料が気になるので期待値は★5としました。


 

概要、原材料について

原材料
商品名 キリン 旅する氷結® フォレストベリー
果汁 0.9%
アルコール分 4%
原材料 果汁(ラズベリー、ブルーベリー)、ウオッカ、糖類、酸味料、香料、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)、

人工甘味料・・・。

 

 

価格について

レシート

希望小売価格はオープン価格。イオンでは税込み116円となっていました。

 

 

▼「キリン 旅する氷結® フォレストベリー 」を飲んでみた感想

フォレストベリー02

公式の情報によると、

“フィンランドの森の湖畔で飲んだベリーのお酒”を「氷結®」流にアレンジしました。ラズベリーとブルーベリーの甘みと酸味のバランスが良い果汁感を感じられ、後味はすっきりとした味わいに仕上がっています。

とのこと。

甘味、酸味のバランスが良いとの事。

通常の氷結なら味は想像つくけど、「旅する氷結」は味がまったく想像できないから

結構飲む前にワクワクがあって良い感じです。

では、

オープン!!

 

フォレストベリー03

たしかなベリーの香り。

色はちょっと赤ワインを薄めたような感じで結構濃いめ。

では一口。

 

判定!

ふつう

今回はふつうかなぁ・・・。

 

飲むとベリーの感じがしっかりと感じられる。

そこまでではないけど、酸味はそれなりにあってジワジワと効いてくる感じ。

 

味自体は、酸味が効いててすっきりと飲めていいけど、

人工甘味料の部分がやはりダメでした・・・。

今回のは結構口に残る感じがあって苦手意識がある人は避けた方がいいかと。

 

通常の氷結みたいに旅する氷結も人工甘味料未使用ならいいんだけどなぁ・・・。

 

 

甘味:、果実感:、パンチ力:、香り:

★10評価

評価:★6.0

キリン 旅する氷結 フォレストベリー 350ml×24本
キリンビール (2017-10-17)
売り上げランキング: 167,160