【8月22日発売】キリンより新発売、氷結の新シリーズ『旅する氷結』の6作目『VENETIAN STYLE ピーチアモーレ』を飲んだ感想【2017】

ピーチアモーレ

どうも、ひでつぐです。

 

今回のレビューは「旅する氷結」シリーズより「ピーチアモーレ」となります。

 

「旅する氷結」は今回の新作を含めると6本目という事になります。

マンマレモンチーノ

カリビアンモヒート

アップルオレンジサングリア

ロコロコパイン

ハオチーライチ

上記がこれまでに出てきた「旅する氷結」なのですが、

基本的に「旅する氷結」はクオリティーが高いイメージがあります。

人工甘味料を使用しているというマイナス点があるのですが、

それがあっても楽しめるのがこの氷結の魅力。

 

はてさて、今回はどのようなものなのか、

さっそくレビューしてみたいと思います(‘ω’)ノ

 

飲む前の期待値★10評価(★が多いほど期待値が高い)

期待値:6.0

このシリーズは好きなので期待値は★6としました。


 

概要、原材料について

原材料
商品名 キリン 旅する氷結® ピーチアモーレ
果汁 1.0%
アルコール分 4%
原材料 もも果汁、ウオッカ、糖類、酸味料、香料、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)、

人工甘味料さえなければ最高なのになぁ(ヽ´ω)

 

 

価格について

希望小売価格はオープン価格。イオンでは税込み108円となっていました。レシートは紛失しました。。。

 

 

▼「キリン 旅する氷結® ピーチアモーレ 」を飲んでみた感想

ピーチアモーレ02

公式の情報によると

桃とスパークリングワインのカクテルとして有名なベリーニを「氷結®」流にアレンジし、“初恋の人を思い出す”ような桃の甘い香りとフルーティな味わいに仕上げました。

初恋の人を思い出すような・・・なんとも抽象的な表現。

実際飲んで、思い出せるかどうかせっかくなので試して見たいと思う。

それでは、

オープン!!

 

ピーチアモーレ03

香りは桃系ジュースのそれ。

色は少し白濁ぎみ。

ではさっそく一口。

判定!

うまい

これは美味しい。

 

ももの感じは控えめでありながら、炭酸による刺激と爽やかさが

何とも心地いい。桃の感じを軽くすることで、爽快感、すっきり感を高めた感じで

飲むたびに「ふわぁ~」とすっきり感を感じる事ができました。

 

そして何よりも初恋の人を思い出してしまって

ついつい涙が・・・って

思い出さねーよ!!

さすがにそんな効果はありませんでした(ヽ´ω)

 

人工甘味料の嫌な部分は後味に感じるものの、なんとか許せるレベル。

本当なら、無い方がもっと美味しいと思う。

 

何にせよ、桃系でこってりねっとり系ではなく、

すっきりさっぱりしたチューハイが飲みたい場合は

今回の商品はお勧めだと思いました(‘ω’)ノ

 

 

甘味:、果実感:、パンチ力:、香り:

★10評価

評価:★8.0