【2017/10/3発売】宝酒造の新ブランド「寶CRAFT」より発売『「寶CRAFT」<静岡産三ヶ日みかん>』を飲んだ感想【お酒】

どうも、ストケロのケアトーカー ひでつぐです。

 

今日のレビューですが、

宝酒造の今まで見た事のなかった商品を発見したので、

「これは!?」と思い、すかさず購入してしまったのがこちら、

 

『静岡産 三ヶ日みかん クラフトチューハイ』

 

です。

 

今までに飲んだことのないクラフトチューハイ。

クラフトビールはありますが、クラフトチューハイまであったなんて。

しかも地域限定販売なのになぜ東京にあるかも謎・・・。

 

はてさて、どんなものか、

さっそくレビューしてみたいと思います(‘ω’)ノ

 

飲む前の期待値★10評価(★が多いほど期待値が高い)

期待値:7.0

結構良い値段だったし、みかんだし、凄く美味しいはず!


 

概要、原材料について

原材料
商品名 「寶CRAFT」<静岡産三ヶ日みかん>
果汁 10%
アルコール分 7%
原材料 みかん(果汁、ピューレ)、レモン、アルコール、焼酎、糖類、酸味料、香料、カロチン色素

原材料はよくある感じ。

 

 

価格について

レシート

希望小売価格は税抜きで250円。購入したスーパーでは税込み267円でした。

 

 

▼「「寶CRAFT」<静岡産三ヶ日みかん>」を飲んでみた感想

公式の情報によると

近年、お客様の嗜好性が多様化するなか、個性的なつくりや味わい、ご当地、希少性といったクラフトへのニーズが拡大しています。宝酒造株式会社では、チューハイ市場においても同様のニーズがあることに着目し、新しいコンセプトのブランド“「寶CRAFT」”を立ち上げました。

<静岡産三ヶ日みかん>は、静岡県産のブランド果実「三ヶ日みかん」の果汁と皮のまま丸ごと使用したピューレ、厳選した樽貯蔵熟成酒を合わせました。三ヶ日みかんならではの甘み、ピューレの果実感と樽貯蔵熟成酒のコクがマッチしたクセになる味わいが特長で、静岡県浜松市のご当地グルメ「餃子」との相性がぴったりです。ラベルデザインには、ブランド果実である三ヶ日みかんの「高級感」「特別感」を表現しました。

とのこと。

これはちょっと期待してしまいますね。

三ヶ日みかんの甘味や熟成酒の組み合わせがどんなものなのか、

さっそく試して見たいと思います。

では、

オープン!!

 

自然なみかんの香り。香料も入っていますがとても自然な感じです。

色はカロチン色素を入れてるためか、オレンジジュースとほぼかわらない感じです。

では一口。

判定!

うまい

おいしい。

しっかりとコクがあって、濃厚でまろやか。

酸味もあるし、爽やかな感じもある。

とっても飲みやすくてグイグイ飲めてしまう。

ジュースっぽいかと思いきや、

アルコールは7%でしっかりとした重みもあり。

 

「ほろよい<冬みかん>」とは別ベクトルというか、

クリアで軽い味わいで飲みやすいほろよいに対し、

しっかりと、どっしりと腰を据えた力強いチューハイというイメージ。

でも最初に言った通りこちらもとっても飲みやすいのです。

 

余韻がしっかりと残って口のなかをみかんで満たしてくれる。

さすが宝酒造、クオリティーが高い!

 

美味しかった!

 

 

甘味:、果実感:、パンチ力:、香り:

地域限定だからか、amazonのは同じ商品が売ってませんでした。
なので三ヶ日みかんを。

 

最後に

自分の心の声に耳を傾けた事はありますか?

 

悩は絶えないし、ストレスは抱えているけどまだ頑張れる……。

でも、少しでも良いから誰かに話しを聞いてほしい……。

 

それはもしかすると、心の声にならない悲鳴なのかもしれません。

初期の心の変化に気づけるのこの世界において自分だけです。

心の状態が悪化し心が完全に壊れてしまった時、

残念な事ですが、完全に元通りという事は難しいのが現状です。

そのため、心のダメージが軽い初期のうちに状況を改善する必要があります。

袖振り合うも他生の縁。

このページに訪れたのも、

もしかすると小さな縁なのかもしれません。

心の重荷、ひでつぐが軽く致します。

是非お気軽にストケロをご利用ください。

あなたの心の重荷を軽くする

stresskerori.com