【5月16日発売】サントリーより発売された東京クラフトシリーズ『SAISON(セゾン)』を飲んだ感想【2017】

tokyocraftsaison
tokyocraftsaison

キリンにはグランドキリンシリーズがあると知っていましたが、サントリーも似たような感じのモノをだしているとは知らなかった。

その名も『東京クラフト(TOKYO CRAFT)』

何で知ったかと言えば、5月16日に『SAISON(セゾン)』という新作が発売され、店頭にお勧めとして並んでいたからなのです。

グラキリは安心安定なクオリティで期待値も高くなりがちですが、サントリーのこだわりビールは如何なものか。

さっそくレビューしてみたいと思います。

 

飲む前の期待値★10評価(★が多いほど期待値が高い)

★★★★★★★☆☆☆(★7)

 

 

概要・原材料について

原材料
商品名 TOKYO CRAFT(東京クラフト)〈セゾン〉
アルコール分 5.5%
原材料 麦芽、ホップ

何でも、選抜したギャラクシーホップを使用しているらしい。

 

価格について

レシート

イオンでの価格は税込み213円。グランドキリンより安いって印象。

 

▼「TOKYO CRAFT(東京クラフト)〈セゾン〉」を飲んでみた感想

tokyocraftsaison02

このパッケージ、何だか好印象。色が好きなのかもしれない。

まぁそんな事はさておいて、

このビールを公式で調べてみると・・・

セゾン

香り★★★★★

旨味★★★

苦み★★★

とのこと。

香るビールは好きなのでこれは期待できる。

パッションフルーツを思わせるトロピカルな香り、少しワクワクしてきました。

それではさっそく開けてみましょう。

オープン!!

 

香りは確かにパッションフルーツのような感じ。

香料などは使っていないから、凄く自然な香りで優しさがある。

色はすこ~し濃いめの琥珀色と言えばいいでしょうか。

それでは一口。

軽っ!

イメージではもう少しぐっと思いビールを想像していたのだけど、

思ったよりも軽くて、最初に飛び出した言葉がコレ。

 

そして、缶をよくよく見てみると

ベルギーの農家が夏の農作業中に好んで飲んでいたと言われるビール。

パッションフルーツを思わせる香りと軽やかな味わいをお楽しみください。

とのことだった。

確かにその通りでした!

軽くてとても飲みやすいビールであると言える。

 

自分が公式に沿って★をつけるならば、

香り★★★

旨味★★

苦み★

と言ったところでしょうか。

確かにパッションフルーツの香りはするけど、想像よりも弱い。

その為★の数は減らしました。

苦みもそれほど強くなく、個人的には★1程度。

凄く軽いので旨味は控えめにして★2。

これがリアルな★だと思う。

 

今回のビールは何というか、気軽に楽しむビールという印象を受けました。

苦手な人でも飲めそうだし、香もトロピカルで楽しい。

ビール嫌いな人に飲んでもらうと楽しんでもらえるかもしれない。

甘味:☆☆☆☆☆、果実感:☆☆☆☆☆、パンチ力:★★☆☆☆

★10評価

総合:★★★★★★☆☆☆☆

飲みやすい。★6としました。

TOKYO CRAFT (東京クラフト) セゾン 350ml×24本
サントリー (2017-05-16)
売り上げランキング: 21,247