【6月20日発売】アサヒより新発売、無糖のアルコール9%「ウィルキンソンハード(WILKINSON HARD)」を飲んだ感想【2017】

ウィルキンソンハード

どうも、ひでつぐです。

今日はCMも放送するほどアサヒがプッシュしている「WILKINSON HARD」を購入してきました。

無糖!9%!

と、特徴を分かりやすくパッケージに表現しています。

 

人工甘味料を使用しない、完全の無糖。

甘味が一切なくても美味しさを上手く引き出しているのか、

さっそくレビューしてみたいと思います(‘ω’)ノ

 

飲む前の期待値★10評価(★が多いほど期待値が高い)

★★★★★☆☆☆☆☆(★5)

 


概要、原材料について

原材料
商品名 ウィルキンソン・ハード無糖ドライ
果汁 無し
アルコール分 9%
原材料 ジン、レモンライムスピリッツ、グレープフルーツスピリッツ、酸味料、香料

糖類一切なし!

 

 

価格について

レシート

イオンで購入。税込み価格108円となっていました。

 

 

▼「ウィルキンソン・ハード無糖ドライ」を飲んでみた感想

ウィルキンソンハード02

アサヒの市場調査によると、近年、清涼飲料やヨーグルト商品市場では「無糖」が注目されているとのこと。

この市場動向の背景には、従来の糖類、糖質をきにしている人の支持や甘くない味わいそのものが受け入れられ始めてるのだそう。

ということで、今後はどんどんと「無糖」(人工甘味料を使わない)がでてくるのかもしれないですね。

今回はその第一歩といった所なのかもしれません。

ではでは、

オープン!!

 

あけた瞬間、ライムの香りがぶわーっと広がります。

色は無色透明。これは予想通り。

それでは一口。

あれ、うまい!

 

柑橘系の爽やかな香りが甘さを感じさせるせいなのか、

甘くないのに物足りなさが一切ない!

爽やかさ、爽快感はあるけど、

後味はジンの後味というかお酒の後味がしっかりと残るので、

スッキリ感は低め。

でも悪いわけじゃない。

なんというか、お酒を飲んでいるという感じにさせてくれる。

 

あと、無糖だからって飲みにくい訳じゃない。

私自身もどちらかと言えば甘いのが好きだけど、普通にすんなりと飲める。

飲んでみるとわかるけど、嫌みなく、すっと口に入って喉を通過していく。

とても上手くつくられてる。

 

甘い缶チューハイだとお酒というよりジュース的なものに近い感じもあるけど

今回のウィルキンソンハードは無糖であるせいか完全なお酒側(寄り)で、

ちゃんとお酒を楽しみたいっていう人にドンピシャに当てはまると思う。

甘味:☆☆☆☆☆、果実感:★☆☆☆☆、パンチ力:★★★☆☆、香り:★★☆☆☆

★10評価

総合:★★★★★★★☆☆☆

桃が好きなだけ?いやいやそんな事ないですよ。★7としました。

 

ウィルキンソン ハード 無糖ドライ 缶 350ml×24本
アサヒビール (2017-06-20)
売り上げランキング: 2,588