11/23は「勤労感謝」も良いけど日本人なら新嘗祭!東京で一番大きな神社、明治神宮の新嘗祭の様子をご紹介!

11月23日は一般的には「勤労感謝の日」の日ですが、そもそもは「新嘗祭」という豊穣を感謝する神道のお祭りをする日でありました。新嘗祭はお祭りでもとっても重要なお祭り。「ならば明治神宮に参拝しに行こう!」という事で明治神宮に参拝しに行ってきました。

meiji1123-1

 

みんなは新嘗祭ってしってるかニャ?

▼「新嘗祭」とは

天皇が新穀を天神地祇(ちぎ)に供え、みずからもそれを食する祭儀。古くは陰暦11月の中の卯(う)の日、明治6年(1873)以降は11月23日と定めて祭日としたが、昭和23年(1948)からは「勤労感謝の日」となり、国民の祝日となっている。 出典:大辞泉

 

◆明治神宮リーフレットより

現在、「勤労感謝の日」といわれる十一月二十三日は、本来、その年に収穫された新しい穀物を神様にお供えし、その御恵みに感謝する新嘗祭の日で、宮中をはじめ全国の神社でお祭りが行われています。

日本は古来「瑞穂の国」(瑞穂は”みずみずしい稲穂”の意味)といわれる稲作文化の国で、新嘗祭は豊穣を祈る2月十七日の祈年祭と相対する大切なお祭りとされてきました。

その起源は稲作が始まった弥生時代まで遡るとされており、『日本書紀』にもみえます。宮中では天皇陛下が御親ら神嘉殿でお祭りを執り行われます。また、天皇が御即位後に初めて行われる新嘗祭を大嘗祭といい、御一代で一度限りの秘儀とされています。

明治神宮では御新前に穀物やさまざまな野菜が奉納されますが、なかでも明治神宮農林水産物奉献会により南新門や回廊にお供えされる「宝船」は白菜や大根・人参などの野菜で作られ、その豪快で彩り豊かな盛り付けは圧巻で、晩秋の風物詩ともいえます。

毎日の「いただきます」「ごちそうさまでした」はもちろんですが、新嘗祭のこの日、あらためて食べ物への感謝の心を御新前に捧げましょう。

新嘗祭リーフレット 新嘗祭リーフレット英語
日本語 英語
戦前まで新嘗祭のある11月23日は国民がともに祝う祭日だったんだけど、敗戦後、占領軍によって祝日から除外されてしまったのニャ。でも国民の希望が強くあって「勤労感謝の日」として復活したのにゃ。今では忘れられたり、知らなかったりする人もいるかもしれないけど大本は「新嘗祭」があってこの日がお休みになっているのニャ

 

▼明治神宮、新嘗祭の奉納物

全国から収穫された奉納品がずら~っと並んでいたのニャ
北海道・青森県・岩手県 岩手県・秋田県
奉納1 奉納物2
秋田県・山形県・福島県・茨城県 茨城県・栃木県・群馬県
奉納3 奉納4
埼玉県・千葉県・東京都 東京都・神奈川県・山梨県・長野県
奉納5 奉納6
長野県・新潟県・富山県・石川県・岐阜県 石川県・福井県・岐阜県・静岡県
奉納7 奉納8
愛知県・三重県・滋賀県・京都府・大阪府 京都府・大阪府・兵庫県・奈良県
奉納9 奉納10
奈良県・和歌山県・鳥取県・島根県 島根県・岡山県・広島県・山口県・徳島県
奉納11 奉納12
徳島県・香川県 高知県・福岡県・佐賀県
奉納13 奉納14
長崎県・熊本県 宮崎県・鹿児島・沖縄県
奉納15 奉納16
奉納 明治神宮農林水産物奉献会
奉納 明治神宮農林水産物奉献会
明治神宮 靖国神社 献饌講
明治神宮 靖国神社 献饌講

 

▼贅沢すぎる野菜の宝船!

今年は台風被害で野菜の値段が高騰していて野菜は贅沢品になっているのニャ。そんな野菜がこんもりもりもりに積み上げられた野菜の宝船がとっても見事なのニャ! 

 

JA八王子JA八王子

JA東京あおば 練馬地区青壮年部
JA東京あおば 練馬地区青壮年部

JA東京中央 千歳生産部生産部会
JA東京中央 千歳生産部生産部会

JA東京みどり
JA東京みどり

 JA東京スマイル
JA東京スマイル

世田谷区 明治神宮農林水産物奉献会
世田谷区 明治神宮農林水産物奉献会 熱と真心の会

明治神宮農林水産物奉献会 等々力脳振会
明治神宮農林水産物奉献会 等々力脳振会

 JA東京中央 砧地区青壮年部
JA東京中央 砧地区青壮年部

JA東京みなみ
JA東京みなみ

▼「新嘗祭」の開始

神職行進
10月26日に竣工したばかりの第三鳥居。柱は愛知県豊田市と浜松市の木材、笠木は長野県木曽町と埼玉県飯能市の木材で作られている。ツルツルピカピカ。

神職行進2

 

神職行列3楼門を通過

拝殿通過拝殿中央の賽銭箱が移動していて、神職は直進して本殿へ

◆新嘗祭の祭典式次第

一、法鼓

一、宮司一拝

一、開扉

一、献饌

一、祝詞奏上

まったく聞こえなかったニャ。

一、神楽「代々木の舞」奉奏

神楽

一、玉串拝礼

玉串拝礼では、東京大学名誉教授や元警視総監、三井不動産の代表取締役他数名、業界の頂点のような人たちが行っていたニャ

一、宮司一拝

一、報鼓 (終了)

 

▼改修が進む明治神宮

先に行ったように、第三鳥居もツルツルのピカピカになっています。

第三鳥居

整えられた参道。今までは玉砂利の道しかなかったが、ブロック石が歩道に敷かれたので、車椅子やベビーカーでも参拝しやすくなりました。

お酒 お酒2

正参道はほとんど整備が完了していますが、代々木の方面はまだ整備中といった状態でした。

整備中第二鳥居の付近

着々と銅板の屋根葺きが進んでいます。一部がピカピカしているのが確認できます。

ピカピカ銅葺き

 

▼お赤飯の無料配布イベントが!

新嘗祭が終了した11時頃、正参道を通り、文化館の脇で「赤飯文化啓発協会」によるお赤飯の無料配布イベントが行われていました。

無料配布

 

行列15分並ぶ行列ができていました。

歴史 ご当地赤飯

お赤飯お赤飯だけじゃなくて、お茶も配っていました。 お赤飯美味しい!

よく見たらイトーヨーカドー製だったのニャ

イトーヨーカドー

 

▼ひとこと

全ての食物に感謝を。「勤労感謝の日」は勤労に感謝すると共に、今年の御恵みに感謝して、ご飯を頂きましょう。

JA東京みなみ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。