「グッドデザイン賞」とは何なのか、意味や意義などを知って理解を深めよう!

東急ハンズやloftなどで販売している商品の中で「グッドデザイン賞」受賞と書かれたものを見つけると「これは良いものだ!」と思ってついつい買ってしまう。そんな人も結構おられるのではないでしょうか。そんなよく見かけるけど、実は詳しい事はしらない……という「グッドデザイン賞」についての理解を深めてみましょう!

GOOD DESIGN AWARDより
ぺん

 

▼「グッドデザイン賞」の意味を知ってみる

【グッドデザイン賞-ぐっどでざいんしょう】

デザインのすぐれた工業製品などに贈られる賞。主催は財団法人日本産業デザイン振興会。応募されたものごとの中から総合的に審査し選定する。受賞したデザインはGマークを表示することができる。1957(昭和32)年に通商産業省(現経済産業省)が創設した「グッドデザイン商品選定制度」(Gマーク制度)から続くもの。後に対象が広がり、現在はサービス・ソフトウェア・ビジネスモデルなども対象となっている。 出典:家とインテリアの用語がわかる辞典

 

▼元々はお国の機関

「1957(昭和32)年に通算産業省(現経済産業省)が創立」とあるように元々は国が日本の優れたデザインを推奨するため「グッドデザイン商品選定制度」が創立しました。その後の1998年、制度運営の民営化に伴い名前が「グッドデザイン賞」となりました。

 

▼「グッドデザイン賞」の意義

公式ホームページより、意義と思われる部分を引用します。

私たちの身の回りには様々なデザインが物事として溢れています。ですが、単にその物事を見ただけでは、その中にある思想や理念には中々気づくことができません。グッドデザイン賞では、それらの「よさ」や「可能性」をわかりやすい言葉で伝えることにより、より多くの人々に気づきと、創造の連鎖が生まれ、社会がより活発になるのではないかと考えています。

 

▼約60年の歴史ある賞

前身となる「グッドデザイン商品選定制度」から「グッドデザイン賞」、国から民営、と変化はありましたが、約60年の歴史を持つ日本唯一の総合的デザイン評価の仕組みとなっています。

 

▼日本国内だけじゃない

グッドデザイン賞の参加者は日本国内だけではありません。2015年は世界の20ヶ国以上から応募がありました。

 

▼グッドデザインの優先順位を知る!

一位:魅力的なかたち(外観)をしている

二位:機能・性能が優れている

三位:品質が良い

四位:使いやすい

となっており、何よりもまずは魅力的な形が重要となっている事がわかります。

 

▼「Gデザイン賞」にはお金がかかる!

「グッドデザイン賞」は取るにも使うにも、実は結構お金がかかっています。

グッドデザイン賞に応募した場合

理由 費用 備考
一次審査料 10,800円 1件の費用
二次審査料 57,240円 展示スペース1小間追加の場合 +17,280円が掛かる
受賞展出展料 124,200円 展示内容により料金が異なる
受賞年鑑掲載料 32,400円 1件の費用
合計 224,640円

「Gマーク」を使いたい場合

商品の販売価格 総事業費(販売価格が無い場合) 使用料(税込)
~50万円 ~5億円 216,000円
50万円~500万円 5億円~50億円 540,000円
500万円~ 50億円~ 1,080,000円

という事で、loftや東急ハンズなどで「Gマーク」を見かけたら、「あーこれって、このマーク付いてるだけで結構お金掛かってるんだよなぁ」と思うようになったと思います(笑)

 

▼「グッドデザイン賞」の受賞率

応募数が3000あるうちの1000件は受賞できるとされている事から約1/3程度の確率ではないかと言われています。

 

▼「グッドデザイン大賞」について

GOOD DESIGN AWARDより
大賞

「大賞」は特筆して優れたデザインとされるグッドデザイン大賞候補の中から審査員、グッドデザイン賞受賞者、一般等の投票によって選ばれます。しかし、2007年より「内閣総理大臣賞」に位置付けられた為、「大賞」は政府からの受賞するという形になりました。これにより政府が授与を拒否した場合、「大賞」は該当なしとなります。

内閣総理大臣賞

日本の国内において様々な分野で顕著な活躍或いは成果を挙げた個人又は団体に対し、内閣総理大臣の名により授与するのこと。 wikiより

 

▼関連リンク

GOOD DESIGN AWARD

グッドデザイン賞の公式ページ。
メニューの「受賞対象一覧」では過去(1957年から現在まで)のグッドデザイン賞をとった作品を見る事ができます。

グッドデザイン賞(フェイスブックページ)

現在の審査状況など、いろいろな報告や情報を提供しているので「グッドデザイン賞」が好きという方は「いいね」を押しておくと良いと思います。

GOOD DEISGN AWARD youtubeちゃんねる

「グッドデザイン賞」受賞者のインタビューや概要紹介、プレゼンテーションの動画などが置かれています。

公益社団法人日本デザイン振興会

「グッドデザイン賞」や「東京ビジネスデザインアワード」を運営する「公益社団法人日本デザイン振興会」のHP。
「グッドデザイン賞」関連の事や、デザインに関するコンサルティング講座などを行っている。

公益社団法人日本デザイン振興会(フェイスブックページ)

公益社団法人日本デザイン振興会」のフェイスブックページ。「グッドデザイン賞」についてや、デザイン企画展、ワークショップなどの様々な情報を提供している。

 

▼まとめ

私自身、「グッドデザイン賞」受賞、と見るとついつ手に取って商品を見てしまいます。しかし、すぐには購入せず、しっかりと良いものかどうかを見極めて購入するように心がけています。とは言っても「グッドデザイン賞」と見るとついつい確認しちゃうので戦略にはまっているのかもしれません(笑)

グッドデザイン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。