大都市から地方へ!お試し移住が出来る北海道の町を比較してみた。【その1】

【わからない】知る、理解する、把握する。というのがこのブログのテーマなわけですが、今回は趣向を変えています。というのも、以前から移住というもの興味があったのですが、いきなり見知らぬ土地に移住なんてできる訳がありません。

なので、移住する時はどうするのだろうかと調べていた所、「移住体験」というのを各自治体で行っていることを知りました。そこで今回から各地自体の「体験移住」を比較してみたいと思います。

今回はその「北海道編その1」になります。

ひぐま

 

▼北海道の「移住体験」ができる地方自治体

士幌町(しほろちょう)

平成25年に新築した「移住体験住宅オリベ」にて体験移住ができる。住宅は士幌町から車で15分程度の静かな山里にあり、近くには「しほろ温泉」もあり、北海道の自然を満喫できる立地となっている。

募集期間 随時
利用料金 1泊:2500円 ※水道光熱費、放送受信料、インターネット回線料含み
利用期間 10泊以上、6カ月以内
条件 二名以上の利用で親族のみ
利用対象期間 2017(平成29)年3月31日まで
備考 生活に必要な備品は概ね備わっている。
1泊につき、町内で利用できる商品券500円分贈呈。
詳細 http://www.shihoro.jp/iju_201501/
お勧め度 ★★★★★(MAX)

 

士別市(しべつし)

JR宗谷本線をはじめとし、北海道縦貫自動車道、国道や主要道道が接続するなど、交通網には恵まれている。天塩川や天塩岳といった山々があり水と緑豊かな都市となっている。

募集期間 随時
利用料金 A棟:1泊 夏季:1,700円(2人まで)、冬季:2,000円(2人まで)
B棟:1泊 夏季:2,000円(2人まで)、冬季:2,300円(2人まで)
C棟:1泊 夏季:900円(2人まで)※夏季利用のみ
利用期間 4泊以上、2カ月以内
条件 5日以上2ヵ月以内で利用可能な方
利用対象期間 2017(平成29)年3月31日まで
備考 1名でも利用可
詳細 http://www.city.shibetsu.lg.jp/www/contents/1340347130698/index.html
お勧め度 ★★★☆☆

 

更別村(さらべつむら)

更別村は北海道、十勝地方の南部にあり、十勝の中心都市である帯広市から南へ約35kmの地点にある村。更別インターチェンジが出来たことにより、帯広市や札幌市のアクセスが便利となっています。

募集期間 随時
利用料金 月額40,000円(水道光熱費、NHK受信料、燃料費、ゴミ袋代含む)
利用期間 1ヶ月~2ヶ月以内
条件 申込者ご本人及びそのご家族の方
利用対象期間 平成28年5月1日から平成28年10月31日まで
備考 1世帯につき、15,000円の商品券を支給。
インターネット設備無し。
寝具が無いので村内の業者でレンタルする必要あり。
村内の温泉を400円で使用できる。
詳細 http://www.sarabetsu.jp/cms/index.php?ID=215
お勧め度 ★★★☆☆

 

根室市(ねむろし)

根室市は北海道本島最東端に位置し、太平洋とオホーツク海を望み、白鳥の群れが飛ぶ美しい自然があるまちです。根室の味覚は国内外から高い評価を受け、毎年開催している「さんま祭り」や「かに祭り」には多数の来場者で賑わっています。

募集期間 随時
利用料金 (夏期)48,000円~(冬期)60,000円~
水道光熱費、燃料代、放送受信料など含む。日割可。
物件数 5件
利用期間 1週間以上、6ヶ月以内
インターネット回線 不明
備考 夏時期が人気の模様 ※市に電話確認済み
詳細 http://www.city.nemuro.hokkaido.jp/dcitynd.nsf/doc/tyottogurasi_sisetu?OpenDocument
お勧め度 ★★★☆☆

 

標茶町(しべちゃまち)

釧路管内のほぼ中央に位置している標茶町は、日本最大の湿原である釧路湿原が町内に広がる自然豊かな町です。湿原内にあるコッタロ湿原展望台からは太古の姿を今に伝える景観を見渡せます。

募集期間 随時
利用料金 1週間 26,800円~
住宅数 3件
利用期間 1週間以上、3ヶ月程度
インターネット回線 不明
備考 利用料金に電気、上下水道料金、家具使用料、NHK受信料、駐車代、入居数の半分の温泉入浴券を含む。
ペット可な物件がある。
詳細 http://www.town.shibecha.hokkaido.jp/gyousei/ijuu_kouryuu/otameshi.html
お勧め度 ★★★☆☆

 

遠別町(えんべつちょう)

北海道の北部、稚内市から日本海側沿いに約90km 南下した地点に位置し、近隣に は、利尻礼文サロベツ国立公園があり、利尻島を背景に日本海に沈む夕陽が美しい町。

募集期間 随時
利用料金 1日:1000円
住宅数 1組
利用期間 4泊5日以上、最長1ヶ月程度
インターネット回線 無線LAN回線あり
備考 体験事業あり。
詳細 http://www.town.embetsu.hokkaido.jp/ijuu/chottorsv/
お勧め度 ★★★☆☆

 

美幌町(びほろちょう)

多くの清流が合流して水量が豊富なところをアイヌ語で「ピ・ポロ=水多く・大いなる所」といい、これが転訛して「ビホロ」と名付けられました。美幌町には大小合わせて60本を数える美しい川が流れ、とりわけ美幌峠を源とする美幌川は「母なる川」として多くの恵をもたらしています。

募集期間 随時
利用料金 1日:1,100円(5月~10月) 1,650円(11月~4月)
住宅数 1組
利用期間 5泊以上、60泊以内
インターネット回線 不明
備考 上下水道、電気、ガス、灯油代、テレビ放送受信料込
寝具はレンタル可能な業者を紹介。
秋の紅葉、冬はウィンタースポーツの他、真っ白の雪景色が魅力
詳細 http://www.town.embetsu.hokkaido.jp/ijuu/chottorsv/
お勧め度 ★★★☆☆

 

中標津町(なかしべつまち)

知床半島の南側にある酪農と商業の町。商業施設が多く近隣の町からも人が集まり、町全体に活気がある。 市街地から車で10分という距離に中標津空港があり、本州からのアクセスがよく、移住先としてだけでなく二地域居住としても人気がある。

募集期間 随時
利用料金 1ヶ月 30,000円~
住宅数 9件
利用期間 1ヶ月程度
インターネット回線 不明
備考 健康で、親族2名以上で参加できる方のみ。
空港や商業施設が周りにあるためアクセスが良いのが魅力。
詳細 http://www.kaiyoudai.jp/iju/iju_04.html
お勧め度 ★★★★☆

 

▼まとめ

東京に約100分で行けるという「中標津町」はかなり魅力的。しかし、そんなしょっちゅう東京にもどってたら移住の意味がないですよね……。

ひぐま

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。