大都市から地方へ!お試し移住が出来る北海道の町を比較してみた。【その3】

洞爺湖

見知らぬ土地に移住する。そんな事、いきなりできる訳もなく、移住するにはどのような「町」なのかを知る必要があります。という事で各地方自治体の「体験移住」調査の第3弾、「北海道編その3」になります。

wikiより
洞爺湖

▼移住体験の受付について

1月~6月の間に募集を始めるところが多いです。1次募集、2次募集といったように募集に区切りをつけているところや随時募集しているところもあり、自治体によって結構違いがあります。気になった町がある場合は定期的なチェック、もしくは担当の人に一度お話しを聞いてみるとよいと思います。

人気のある体験移住は直ぐに予約で埋まってしまうので、突発的行動というよりも、事前に検討し応募期間になったら即応募という流れが理想的です。

 

▼北海道の「移住体験」ができる地方自治体 その3

利尻町(りしりちょう)

wikiより
利尻山

北海道北部の日本海上に位置する利尻島内にある町。利尻昆布やウニなど北の幸に恵まれており、自然が豊かで漁業と観光の町となっている。日本百名山の一つ利尻山や、天然温泉もある。

募集期間 随時
体験料金 夏期(5月~10月):1,500円 冬期(11月~4月):2,000円
物件数 1件
利用期間 1週間以上、三カ月以内
インターネット回線 無し
設備 最低限の生活必需品を用意
体験プラン 無し
備考 料金に消費税及び地方消費税、電気、ガス、上下水道及び灯油、ごみ処理手数料を含む
詳細 おためし暮らししてみませんか?

 

鹿追町(しかおいちょう)

農業と観光を基幹産業としている。美しい農村景観、然別湖などが観光客に人気となっている。「花と芝生の町づくり」を推進していて花の季節には街中が花で彩られる。

募集期間 随時
体験料金 定住促進住宅:1カ月 40,000円(保証金として資料量の3か月分)
青嵐荘4号室:1カ月 36,000円
物件数 2件
利用期間 2週間~3カ月間
インターネット回線 不明
設備 テレビ、冷蔵庫、洗濯機、炊飯器、ガス台、布団、電子レンジ ストーブ、カーテン、カーペット、テーブル、食器類 等
体験プラン 移住体験にあたってのオリエンテーションあり
備考 光熱水費別、駐車場代無料
詳細 鹿追町移住体験事業

 

上士幌町(かみしほろちょう)

移住についての力の入れ方は、今のところこの町が一番強いと思えるぐらい、しっかりと取り組んでいます。また、体験移住物件も凄く人気があり、物件を抑えるのが難しいです。

体験料金 モデルハウス1号 月額:春秋(4・5・10・11) 90,000円、夏(6~9) 120,000円、冬(12~3)75,000円
モデルハウス2号 月額:春秋(4・5・10・11) 90,000円、夏(6~9) 120,000円、冬(12~3)75,000円
住宅A 月額:49,500円
住宅B 月額:51,200円
物件数 4件
利用期間 最短1週間以上~最長1ヶ月程度
インターネット回線 モデルハウス1~2号は回線あり。他は無し
設備 テレビ、布団(3組以上必要な場合は別途料金発生)、冷蔵庫、炊飯器、洗濯機、食器類、  暖房機器(冬期)、カーテン、テーブル、ガス台など
体験プラン 交流会あり
備考 光熱水費・ 管理費・商品券代含む(15,000円)
詳細 移住.com

 

新ひだか町(しんひだかちょう)

6件の体験住宅には「まちなか暮らしタイプ」「海辺暮らしタイプ」「牧歌暮らしタイプ」などそれぞれの特徴がある。どの物件も人気があり、受付開始後は直ぐに応募しないと厳しいと思われる。

夏は涼しく、冬は積雪も少なくスローライフな魅力が詰まっている町。

体験料金 1日:1000円
物件数 6件
利用期間 1週間以上、1年以内
インターネット回線 無し
設備 生活家電のほか、日常生活に最低限必要と思われるもの(キッチン用品等)はあり。
体験プラン 不明
備考 光熱費別途
詳細 ちょっと暮らし体験

 

洞爺湖町(とうやこちょう)

wikiより
洞爺湖

全国的に温泉郷として知名度があるほか、洞爺湖などの観光資源が多く年間250万人以上が訪れる。温暖な気候で過ごしやすい。

体験料金 香川A 月額:45,000円 ※冬季暖房料 15,000円/月額(11~4月)
洞爺湖温泉A 月額:54,000円 ※冬季暖房料 15,000円/月額(11~4月)
物件数 2件
利用期間 1週間以上、3ヶ月以内
インターネット回線 あり
設備 テレビ、冷蔵庫、全自動洗濯機、掃除機、電子レンジ、オーブントースター、炊飯器、電気ケトル、コーヒーメーカー、ホットプレート、ドライヤー、アイロン、アイロン台、石油ファンヒーター、チェスト、シングルベッド2台、調理器具、食器類
体験プラン 滞在中の2日間、職員による周辺地域の案内あり
人気 普通
詳細 ちょっと暮らし移住体験
備考 料金に電気料、上下水道料、放送受信料、インターネット回線使用料を含む。
「洞爺湖deちょこっと暮らし」という民営のホテルや旅館に滞在し移住体験をする方法がある。

 

厚真町(あつまちょう)

全国移住ナビより
あつまるくん

新千歳空港まで約30分と近く、道外も日帰りで行き来ができる気軽さだけでなく、素朴な自然、暮らしやすい気候、優しい町民気質といったことから移住者は増加傾向となっている。また、年間に約6万人のサーファーが訪れる、サーファーに人気の町でもある。

体験料金 1週間:25,000円(以降1日1,800円加算)
物件数 1件
利用期間 1週間~1カ月
インターネット回線 あり
設備 テレビ、冷蔵庫、洗濯機、掃除機、電子レンジ、オーブントースター、ホットプレート、電気炊飯器、炊事用品、食器類、食卓、ソファー、座椅子
体験プラン 不明
人気度 中位の傾向
詳細 ちょっと暮らし
備考 ・5000円分の商品券付
・利用料には電気、上下水道、放送受信料、インターネット回線料が含まれる
・冬期間の灯油の使用料金については別途実費負担

 

増毛町(ましけちょう)

漁業をはじめ果樹栽培が盛んな町。

体験料金 1日:1,000円
物件数 1件
利用期間 7日以上、30日まで
インターネット回線 無し
設備 冷蔵庫、洗濯機、炊飯器、ガスコンロ、電子レンジ等、最低限の設備
体験プラン 不明
人気度 低めの傾向
詳細 お試し住宅
備考 ・家賃、光熱水費、NHK放送受信料を含む

 

和寒町(わっさむちょう)

基幹産業は農業で越冬キャベツをはじめ、カボチャは作付面積で日本一となっている。少子高齢化にともない、高齢者に優しい町づくりとしてバリアフリー化を推進している。冬はとにかく寒く、今冬一番の寒さとしてたびたびテレビに名前が登場する。

体験料金 エココテージ 5泊まで:7,000円 10泊まで:6,500円 15泊まで:6,500円 16~1カ月:90,000円
研修館「楡」  1泊:2,100円(5~10月) 1泊:2,400円(11~4月) ※大人料金 子供料金あり
物件数 不明
利用期間 1週間~1カ月
インターネット回線 不明
設備 エココテージ:テレビ、冷蔵庫、洗濯機、炊飯器等生活に必要な家具・家電あり
体験プラン 農業体験の他に様々なプランあり。
人気度 中位の傾向
詳細 わっさむエココテージ
備考 料金に光熱費含む。
暖房量:1泊あたり500円(11~4月)

 

▼気になる「お試し移住」があったら

「いざお試し移住!」となると何かと書類を書いたり準備が必要だったりします。こんな時は即行で町の担当部署に電話するのが得策です。HPではわからない様々な情報を教えてくれたり、これからしなければならない事を的確に教えてもらう事ができます。

 

▼まとめ

明らかに各自治体で力の入れ方が違う。今回調べていて一番すごいと思ったのは「上士幌町」です。しっかりとした動画を用意しているほか、単独の移住サイトも用意していました。また、町を紹介するにしても何か一つ特徴があったほうが町そのものが光っている感じがしました。

洞爺湖

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。