「トイレットペーパー」とは何か、意味や歴史、メーカーやブランドなどトイレットペーパー理解を深めよう!

普段あまり気にしないで使っている「トイレットペーパー」。しかしながら、トイレになかったら絶望的に困ってしまうトイレットペーパー。今回はそんなトイレットペーパーについての理解を深めてみましょう!

紙

 

▼「トイレットペーパー」の意味を改めて知ってみる

便所で用いるちり紙。特に、巻き紙式のもの。落とし紙。 出典:大辞泉

 

▼「トイレットペーパー」の歴史を知ってみる

日本でトイレットペーパーを使っていたというのは結構歴史が古く、平安時代の頃からトイレで紙は使われていたそうです。しかしながらこれは一部の人であって一般的には「籌木(ちゅうぎ)」という木製の板で小削ぎとり処理をしていました。

一般にトイレットペーパー事、「おとし紙」が普及しだしたのは明治の頃と言われています。トイレも時代を経て汲み取りから水洗式に変化するにつれ、ちり紙メーカーがトイレットペーパーを生産するようになりました。

また、現在のようなロールタイプが生まれたのは、1879年のイギリスと言われています。

 

▼よく聞くブランドについて理解を深める

・エリエール(大王製紙株式会社)

ロゴ

大王製紙株式会社が1979年に作った家庭用紙製品ブランドの事。トイレットペーパーを始めとして、ティッシュペーパー、キッチンペーパー、マスクといった商品を販売しています。

「エリエール」という言葉は造語で、フランス語で女性を意味する「elle」と風を意味する「air」を組み合わせた「風の妖精」を意味する言葉とのこと。

ブランドスローガンは『やさしく触れていいですか。

・ネピア(王子製紙株式会社)

ロゴ

王子製紙のグループ会社、王子ネピアの製品ブランド名で1971年から製品の販売が始まった。主にトイレットペーパーや、ティッシュペーパー、キッチンペーパー、紙おむつなどを販売している。

「ネピア」の名前の由来は王子製紙がパルプ工場を新設したニュージーランドの都市の名前、ネーピア「Napier」が元になっている。

ブランドスローガンは『皆様の暮らしに「やわらかハート」を』。

・クリネックス(日本製紙クレシア株式会社)

クリネックス

日本においては、会社の合併や社名変更といった経緯をかさね現在は日本製紙クレシアの家庭用紙製品ブランドとなっている。

ブランドコンセプトは『「品質」で選んだら、クリネックスになりました

・スコッティ(日本製紙クレシア株式会社)

ロゴ

元々は山陽スコットとして発売していたブランドだったが、合併や社名変更により現在は日本製紙クレシアの家庭用製紙製品ブランドとなりトイレットペーパーやティッシュペーパーの商品名でもある。スマートで、スタイリッシュなデザインをアピールしている。

ブランドコンセプトは『「機能性」を求めてスコッティになりました。

・エルモア(カミ商事株式会社)

エルモア

愛媛県に本社を持つカミ商事の家庭用紙製品ブランド。

エルモア(ellemoi)はフランス語の「彼女」という意味の「elle」と「私」という意味の「moi」を組み合わせて作られた造語で、「彼女と私」という意味。

ブランドスローガンは見当たらなかったが、グループ全体の行動基準として古紙の利用や環境とのより良い環境を創造するという「環境との共生」を掲げている。

 

▼様々なトイレットペーパーを知る

【硬質献上品】羽美翔◆蝶

最高級トイレットペーパー。シルクのような柔らかさで最高級のふわふわ感のあるトイレットペーパー。衝撃を受ける逸品。

トイレットペーパーに皇室に献上するモノがあったとは全く知りませんでしたわ……。

【おもてなしギフト賞受賞】うさぎ

究極のふぁふぁ感とやわらかさ。2枚重ねではなく3枚重ねという発想により生み出された逸品。赤いロール芯とロール紙の白が日本を感じさせる。

会社で使うトイレットペーパーは結構1枚の物が多くて、2枚重ねだと奮発してるなぁとか思っていたわけですが、最上級の3枚重ねなるものが登場していました。

おしりセレブ

ネピアの鼻セレブブランドの1つ。もはや「鼻」など関係なく「おしり」であるわけだが、ホームページをみても「鼻セレブ」の中に位置づけられる稀有な存在。

・ジャンボロール

最大で、通常の長さの8倍というジャンボなトイレットペーパー。補充の手間がすくなく、無駄な人件費がカットできちゃう逸品。

これを取り付ける場合は専用の器具が必要になるので注意!

WWF パンダペーパー(服部製紙)

100カ国以上で活躍する世界最大の自然保護NGO(WWF)の活動を支援するために企画、制作されたライセンス商品。このトイレットペーパーを使うことで世界の自然活動に貢献ができるアイテム。

トイレットペーパーに、パンダの絵柄が印刷されていて可愛らしい仕上がりになっている。

 

▼おもしろカバーアイテム

・インテリア ポラロイド カメラ ペーパーホルダー

ポラロイドカメラの形をしたトイレットペーパーホルダー。写真がでてくるのかと思いきやトイレットペーパーがでてくるところが面白い逸品。

 

▼トイレットペーパーゲーム

一度はトイレットペーパーをダァーーーーーーーーっと伸ばし切ってみたいものですが、実際はもったいなくてそんな事はできません。と、そんなところに目をつけたアプリがあったのでご紹介します。

 

▼まとめ

普段何気なくお世話になっているトイレットペーパーですが、昔は木べらですくいとり処理をしていたと考えると、今はとっても衛生的であって便利でなんとありがたいのかと言うこと痛感しました。

トイレットペーパーありがとう。衛生的なトイレにありがとう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。