横浜中華街とは何か、最寄り駅から駐車場、Free Wi-Fiまで役立つ情報を集約!

中華街

「横浜中華街」という言葉は誰しも聞いた事があるのではないでしょうか。本格的な中華料理を始め、ちょっとした異国感を味わえる場所となっているわけですが、知っていると便利であったり、役立つ情報をまとめました。

という事で、今回は横浜中華街の理解を深めていきましょう!

中華街

 

 

▼「横浜中華街」の意味を改めて知ってみる

横浜市中区山下町一帯に広がる商業地域。古くは「唐人町」「南京町」などと呼ばれたチャイナタウン。1859年の横浜開港後、欧米人の使用人や香港からの商人の中国人の来日が増えたことが起源。1923年の関東大震災後、多くの欧米人が母国に去ったことから中国系住民の比率があがり、以後震災復興とともに多くの中華料理店が立ち並ぶ商業地として発展。1955年に建設された牌楼門に「中華街」と書かれたことから、次第にこの名称で呼ばれるようになった。「横濱中華街」の名称は、横浜中華街発展会協同組合により地域団体商標に登録されている。 出典:大辞泉

 

▼横浜中華街の最寄り駅について

「横浜中華街」という言葉はとってもよく聞きますが、では最寄り駅って何処なのとなると、横浜界隈に詳しい方でないと答えられないようなきがします。という事で、横浜中華街の最寄り駅について記述します。

▼みなとみらい線:「日本大通り駅」

・2番スタジアム出口より徒歩5分

▼みなとみらい線:「元町・中華街駅」

・3番出口より徒歩1分
・中華街大通り方面2番出口より徒歩1分

▼京浜東北・根岸線:「石川町(元町・中華街)駅」

・中華街口より徒歩5分

▼京浜東北・根岸線:「関内駅」

・南口より徒歩7分

▼市営地下鉄線:「関内駅」

・1番出口より徒歩7分

 

※石川町ですが、9/15よりホームの看板に括弧書きで上記のように「元町・中華街」という文言が加えられるそうです。

 

▼横浜中華街の駐車場について

チャイナパーキング

住所 神奈川県横浜市中区山下町80-1
営業時間 10:00~24:00(入庫:平日22:00まで、土日祝23:00まで)
電話番号 045-641-2855
料金 平日:30分300円(上限料金2000円)
土日祝:30分350円(※上限無し注意!)
備考 朝陽門の直ぐ近く、収容台数128台

中華街パーキング

住所 神奈川県横浜市中区山下町94
営業時間 0:00~24:00(24時間)
電話番号 045-662-1402
料金 平日:30分300円(上限料金1800円)
土日祝:30分350円(※上限無し注意!)
備考 中華街まで徒歩3分、収容台数500台

G・PARK

住所 神奈川県横浜市中区山下町155
営業時間 平日:7:00~23:00
土日祝:9:00~23:00
電話番号 045-681-8282
料金 30分300円
備考 善隣門の近く、前金1日料金有り(こちらのがお得) 宿泊料金:500円

■山下町公共駐車場

住所 神奈川県横浜市中区山下町240-1
営業時間 6:00~23:00
電話番号 045-663-3315
料金 30分260円(平日上限1550円)
備考 善隣門の近く、宿泊料金1050円、公式ページ不正アクセスによりリニューアル中

 

▼ 横浜中華街の「Free-Wi-Fi」スポットについて

2016年8月5日(金)より、横浜中華街においてFree-Wi-Fiが利用可能になります。

SSID:Yokohama_Chinatown

接続時間:60分/回(再接続すれば複数回利用可能)

下記のアプリ、「Japan Wi-Fi」に対応

 

Free Wi-Fiの範囲
範囲

Wi-Fiの範囲ですが、上記の画像のように、中華街大通りを中心にしたスポットとなっています。

 

▼ 中華街にある様々な「牌楼(門)」

chuukamon

中華街には全部で10基の牌楼こと門があります。中華街に行った際、何かしら見かけるとは思いますが、実は10基もあるという事を知っていたでしょうか。と言うことで上記画像にその場所と門の名前を記しておきました。

善隣門(ぜんりんもん)

横浜中華街のシンボルの1つ。1955年、一番最初に作られた牌楼。1989年のリニューアルにより現在の姿となった。銘板には「親仁善隣」という言葉が掲げられている。この言葉の意味は”隣国や隣家と仲良くする”というような意味となっている。

西陽門(せいようもん)

西の太陽に一番近い位置にあるという事から名付けられた門

【東】朝陽門(ちょうようもん)

牌楼の中で一番東にある牌楼。守護神は青龍神。シンボルカラーは青。
2003年2月1日に完成し、高さ13.5m、幅12mで中華街の牌楼の中で最大となっている。

【南】朱雀門(すざくもん)

守護神は朱雀神、シンボルカラーは赤となっている。

【西】延平門(えんぺいもん)

平和と平安が長く続く事を願い「延平門」と名付けられる。
守護神は白虎神、シンボルカラーは白となっている。

【北】玄武門(げんぶもん)

中華街の中で一番北の位置にある門。守護神は玄武神、シンボルカラーは黒となっている。

天長門(てんちょうもん)、地久門(ちきゅうもん)

三国志でも特に有名な蜀の将軍「関羽雲長」を祀る霊廟である「横浜中華街關帝廟」がある通りを象徴した牌楼。

市場通り門(2カ所)

中華街のにぎやかさを象徴したという牌楼。

 

▼横浜中華街 公式アプリ

横浜中華街
横浜中華街
Developer: NUTS Inc.
Price: Free
横浜中華街
横浜中華街

 

▼公式サイト

横浜中華街

 

▼まとめ

今回の情報の他にも何か面白い情報、ためになる情報があったら随時追加していきますので、中華街の魅力や一押しがありましたらコメントしていただければ、調べて追記させていただきます。よろしくお願いします( ´∀`)

中華街

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。