新御茶ノ水にある『井上眼科クリニック』で眼の診察。直ぐに終わると思いきや検査ばかりで・・・。

眼科

数か月前に、とある事情で眼科に行った時、一度検査をしてもらったほうが良いような事いわれました。
まぁ大丈夫だろうと特に気にしていなかったのですが、家族が『井上眼科』という病院で良くしてもらっているとの事を聞いたので、身内が検査に行った際に自分の初診の予約を取ってもらったので先日、『井上眼科』に行ってきました。


 

井上眼科

という事で『井上眼科』について調べてみるとなにやらかなり歴史を持つ病院のようす。
眼科を開業した初代は辞書にもその名を残していました。

~井上達也 いのうえ-たつや~

1848-1895 明治時代の眼科学者。
嘉永(かえい)元年生まれ。井上肇堂(ちょうどう)の4男。大学東校でB.ミュラーの指導をうけ,東京医学校と改称した母校で明治9年日本人初の眼科学教授となる。15年東京神田駿河台(するがだい)に済明堂眼科病院を開設。22年日本で最初の眼科専門誌「井上眼科学研究会報告」を創刊。明治28年7月15日死去。48歳。阿波(あわ)(徳島県)出身。号は甘泉。著作に「白内障手術篇」など。

井上眼科クリニック

井上眼科クリニックは新御茶ノ水駅と直結している『新お茶の水ビルディング』の上層階にあり窓ガラスから見える景色がとっても良いです。遠く山まで見る事ができなんともいい気分になります。

 

 

初診で受けた検査

・矯正視力検査

・屈折検査

・細隙燈顕微鏡検査(前眼部及び後眼部)

・精密眼底検査(両側)

・精密眼圧測定

・眼底三次元画像解析

・角膜曲率半径計測

初診でちょっと眼を診察してもらうだけだとおもっていたのに、受付後いきなり検査を受けてもらいますとのことで、上記の検査を時間をかけて受けることになりました…。
よくある視力検査から、目に空気を当てる検査、写真撮影などよくわからない検査をとにかくしてきました。という事で、初診の際はこれぐらいの検査を受けるという事を覚悟した方が良いと思います。

 

お会計金額

3,030円

 

ひとこと

この時、ちょっと診察してもらうだけだろうと思い、手持ちは5000円ほど。
検査ばかり沢山うけて手持ちが足りるだろうかとヒヤヒヤしていたのですが、会計は上記の通り3,030円でした。
診察でちらっと眼をみて終了かと思いきや『井上眼科』はそうとはいかない模様。

結果、緑内障の疑いありという事で、次回に『視野検査』をする事に。

検査、検査で嫌になってしまいますが、とりあえず、今度の視野検査を無事に終えたいところです。


 

緑内障の最新治療

緑内障の最新治療

posted with amazlet at 17.02.07
平松 類
時事通信社
売り上げランキング: 14,816
眼科

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。