ラグナロクオンライン(RO)風のオンラインゲーム『Tree of Savir(TOS)』の導入からプレイしてみた感想

スタート画面

ラグナロクオンライン(RO)をやめて数年、オンラインゲームはもうやる事はないだろうなぁと思っていた訳ですが、何やら今月(9月)の28日から正式サービスが開始される『ツリーオブセイバー(TOS)』が何やらROをよりハイクオリティーにバージョンアップさせたようなゲームだという事で正式オープン前にβ版がプレイできるようだったので試しにプレイしてみる事に。

tos11

 

▼TOSを始めるまでの流れ

 

ID

今までにネクソンのゲームは何一つやってこなかったので、まずは『会員登録』をする必要があるようです。
という事で、まずは自分のメールアドレスを入力します。(※今回はNEXONのIDを作成しましたが、外部サービスのアカウントでもログインは可能となっています)

tos2-1

すると、登録したメールアドレスに『【NEXON】メールアドレス認証と会員登録のお願い』というメールがきます。

メール

という事で、来たメールのURLへ移動します。
リンク先に飛ぶと『NEXON ID登録』のページに飛ぶのでそこで『NEXON ID』と『パスワード』を決めて入力します。
入力が終わったら下部の『入力内容と利用規約の確認へ』クリックします。

tos3

『入力内容と利用規約の確認へ』をクリックすると確認の画面が表示されるので、下部の利用規約を読んで規約に同意したら『登録完了』をクリックします。

登録

『登録完了』をクリックすると、公式ホームページ(プレイヤーサイト)がログイン中となっている事がわかります。
ですが、よく見てみると『ニックネームが設定されていません』とのことなのでニックネームを設定します。

 

ログイン中

『ニックネーム設定』というリンクを踏むと下記の『ニックネーム設定』というページに行こうします。
今回はこのサイトの名前『ワナギカイ』をニックネームとしてみました。ちなみに一度付けたニックネームは二度と変更ができないようですのでご注意ください。続いてアイコンの設定ですが、今回はラグナロクオンラインをやっていた時の髪型を思い出し、それに近い髪型のアイコンに決めました。このページの下部に情報を決定するボタンがあるので、それをクリックして完了となります。

ニックネーム設定

ニックネームの設定が終わると、下記の画像のように赤枠の部分が変化しました。
これに意味があるかどうか、そんな事はわかりませんが、とりあえず完了です。
続いて画面左上にある『ゲームスタート』をクリックします。

ログイン

『ゲームスタート』をクリックすると下記の画面の赤枠にある『管理者権限』が必要ですとなんか言ってくるので、なんか嫌だなぁと思いますが、とりあえず『承認』をクリックしましょう。
すると、『このアプリがデバイスに変更を加える事を許可しますか?』と聞かれ『はい』『いいえ』の選択肢があるので『はい』を選択します。

管理者権限

再度、左上の『ゲームスタート』をクリックすると次は『ソフトウェア使用許諾契約』なるウィンドウが出てくるので、『同意して次へ』をクリックします。

ソフトウェア使用許諾

続いて、インストール先の指定がでてくるのでゲームをインストールする場所を設定し『設置』というボタンをクリックするとゲームのインストールが始まります。

インストール先

インストール画面。ちなみにインストール時間は約30分ほどでした。パソコンや回線の違いがあるので一様に言えませんが、なんだかんだで数十分はかかると思います。

インストール画面

インストールで時間がかかるのでこの時間を利用してゲームのクラス(職業)を把握しておきます。
ラグナロクでは、ノービスから始まり一次職、二次職、三次職といった展開がありましたが、TOSにはノービスといった職業はないようで、初期は『ソードマン』『アーチャー』『ウィザード』『クレリック』といったクラスがあります。
ラグナロクオンラインの時、アサシンをメインにしていた私としては、シーフというクラスやアサシンというクラスがないようなので今回は遠距離戦闘クラスをやってみようということで『アーチャー』にしようと決めました。

クラス

 

▼『TREE of SAVIOR』を始めてみる

スタート画面

TOSの最初の画面。真ん中のサーバーの中からどれか一つを選び、下のゲーム接続をクリック。
今回は適当に『カビヤ』を選択しました。
ゲームに接続すると次は『チーム名入力』というウィンドウが出てきます。
「チーム名はすべてのキャラクターを代表する名前です。自由に変更できるチーム名は取引やギルド加入、チャットなどに使われる共用の名前です」となっています。とりあえずココは『ワナギカイ』と入力しました。

チーム名

『完了』を押すと次はキャラクター作成です。
下記の画面の中に1クラスが全員いて、その中から一人を選ぶ形になっています。今回はインストールの時に考えて決めた『♂アーチャー』をクリックして選択。そうすると画面左側になにやらパラメーターが出てきます。難易度が一番高かったです。ヌルゲーマーには厳しい選択だったかもしれませんが、キャラクターはこれでOK。次にパラメーターの下に『ヘア』という項目があるのでここで自分の好きな髪型を選んでおきましょう。最後にスタートする都市を『クラペダ』か『オルシャ』のどちらからか選択して終了です。今回は『クラペダ』から始めてみました。
※このゲームは女の子キャラクターがなんとも魅力的で選びそうになりましたがネカマプレイはラグナロクの時に色々な経験をしたのでやめました。

キャラクター作成

ゲームを開始するとゲームの『オープニング』がはじまります。

オープニング

ちょっとしたチュートリアルを終えると自由に動かせるようになります。
ついつい、ラグナロクの時の操作をしてしまいがちですが、チュートリアルの感じではキーボードがメインになるような操作でした。ゲームコントローラーでもプレイしやすいかもと思いましたがチャットがしずらいし、やはりキーボードメインなのかなぁという印象。

下記の画面は最初のちょっとしたイベント終了後、飛ばされた空間。正直この時点でもうどうしたらいいか解らずに困っています。

冒険スタート

キーボード操作は下記のようになっており、「Z」で攻撃ができます。適当にプレイしてみて「おお!?」と思ったのは矢が無限!
ラグナロクの時は矢は作ったり買わなくちゃだったり貰ったりしなきゃいけなかった記憶があったのですが、今回は無尽蔵の様子。
まだ『アーチャー』しかやってないけど、結構おもしろい!

キーボード

▼さわりだけプレイした感想

正直いって、面白いかもしれない。まだ本サービスの開始前だけど、このゲームは結構というか、かなり期待ができます!というかラグナロクオンラインが好きだった人はどっぷりとハマりかねない。ネットゲームはサービス開始の黎明期が一番楽しいので、プレイするのは本当に今がチャンスだと思います。自分もそうであったように、このゲームはかつてラグナロクプレイヤーだった人たちが昔を懐かしみ、結構な人たちが戻ってくるような気がします。

昔ラグナロクをプレイしていて知らず知らずに離れていったプレイヤーたち、そんなプレイヤーたちがTOSで再会するっていう展開。「あっあなたラグナロクの時の〇〇さんですか!?」「えっ〇〇ギルドにいた◇◇さん!?」みたいな展開。そういった奇跡が起きるゲームかもしれません。

 

▼まとめ

ラグナロクも黎明期は本当に面白かったものです。なんだかんだで転生とか転生二次とかわけのわからない世界になっていってヌルゲーマーな私は二次職のアサシンどまりでラグナロクを卒業しました。TOSはスマホゲーが全盛期の現代で通用するのか、またラグナロクのように一世を風靡するのか、成り行きを見守ろうと思います。

最後に

名前

最初に決める『チーム名』と『キャラクター名』を一緒にしちゃうと、このようにとってもダサい感じになってしまうので要注意!
むかし、ゲームボーイに聖剣伝説というゲームがありまして、ヒロインの名前を付ける事ができるのですが当時ヒロインという意味が分からず『太郎』とつけ、主人公に太郎が話しかける様子が印象に残っていて、今回はそれを少し思い出してしまいました。

スタート画面

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。